Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成アドバイザーのチェック

コード生成の目的に対して利用できるチェック

コード生成の目的のチェックにより、コードを生成するために使用する Simulink® モデルおよびサブシステムの設計とトラブルシューティングが簡単になります。

コード生成アドバイザーには、各コード生成の目的に応じて、Simulink、Simulink Coder™、および Embedded Coder® からの次のチェックが含まれます。コード生成アドバイザーに固有の 2 つのチェックが以下のリストに含まれます。

チェック実行効率性
(すべてのターゲット)
ROM 効率性
(ERT ベースのターゲット)
RAM 効率性
(ERT ベースのターゲット)
安全対策
(ERT ベースのターゲット)
トレーサビリティ
(ERT ベースのターゲット)
デバッグ
(すべてのターゲット)
MISRA C:2012 ガイドライン
(ERT ベースのターゲット)
Polyspace®
(ERT ベースのターゲット)
コード生成の目的に対するモデル コンフィギュレーションをチェック含める含める含める含める含める含める含める (下の [メモ] を参照)含める
最適なバーチャル バスをチェック含める含める含めるN/AN/AN/AN/AN/A
指定したシステム内の問題のあるブロックを特定含める 含める含めるN/AN/AN/AN/AN/A
ハードウェア実装のチェック (Embedded Coder)Embedded Coder が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
問題のあるソフトウェア環境仕様の特定 (Embedded Coder)トレーサビリティがより高い優先順位でなく、Embedded Coder が使用可能な場合は含めるトレーサビリティがより高い優先順位でなく、Embedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
問題のあるコード計測 (データ I/O) の特定 (Embedded Coder)トレーサビリティまたはデバッグがより高い優先順位でなく、Embedded Coder が使用可能な場合は含めるトレーサビリティまたはデバッグがより高い優先順位でなく、Embedded Coder が使用可能な場合は含めるトレーサビリティまたはデバッグがより高い優先順位でなく、Embedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/A
問題のあるサブシステムの設定の特定 (Embedded Coder)N/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/A
計算量の多い丸めコードを生成するブロックを特定 (Embedded Coder)Embedded Coder が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
問題のある固定小数点演算の特定 (Embedded Coder)Embedded Coder または Fixed-Point Designer™ が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder または Fixed-Point Designer が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
1 ベースのインデックスを使用するブロックを特定含める含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
計算量が多い範囲外のチェック コードを生成する Lookup Table ブロックの特定 (Embedded Coder)Embedded Coder が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/A
論理ブロックの出力タイプのチェック (Embedded Coder)Embedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/AN/AN/AN/A

接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定

N/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
マルチタスク、厳密な型指定、優先順位の低下などの問題について、Data Store Memory ブロックをチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
連続サンプル時間と浮動小数点でないデータ型をもつブロックの出力信号を特定N/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
調整可能パラメーターに制約があるブロックをチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
Data Store ブロックについて読み取り/書き込みの診断が有効であるかどうかをチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
バス信号を使った構造体パラメーターの使用のチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
モデリング エラーに対して Data Store ブロック サンプル時間をチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
データ ストア アクセスに関する順序の問題がないかどうかをチェックN/AN/AN/A含めるN/AN/AN/AN/A
C/C++ 量産組み込み用コードで推奨されないブロックをチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
MISRA C:2012 で推奨されないブロックをチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
サポートされていないブロック名のチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
Assignment ブロックの使用をチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
符号付き整数のビット演算のチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
再帰関数の呼び出しをチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
浮動小数点値の等式演算と不等式演算のチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
default ケースをもたない switch case 式のチェック (Embedded Coder)N/AN/AN/AN/AN/AN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/A
非効率的な飽和コードを生成するコンフィギュレーション パラメーターをチェック (Embedded Coder)Embedded Coder が使用可能な場合は含めるEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AEmbedded Coder が使用可能な場合は含めるN/AN/AN/AN/A

メモ

コード生成アドバイザーでは、MISRA C:2012 ガイドラインの目的に対してモデルをチェックする際に、モデル アドバイザーの MISRA C:2012 ガイドライン チェックでチェックされたすべてのコンフィギュレーション パラメーター設定をすべて考慮するのではありません。コンフィギュレーション パラメーター設定を完全にチェックするには、次を行います。

  1. モデル アドバイザーを開きます。

  2. [タスク別][MISRA C:2012 のモデリング ガイドライン] に移動します。

  3. フォルダー内でチェックを実行します。

モデル アドバイザーの使用方法の詳細については、モデル アドバイザーを使用したモデルのチェックを参照してください。

参考

指定したシステム内の問題のあるブロックを特定

コード生成でサポートされていないブロック、または配布に推奨されていないブロックを特定します。

説明

コード ジェネレーターはサポートしているブロックのコードのみを作成します。量産コード配布には推奨されないブロックもあります。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
ブロックがコード ジェネレーターでサポートされていません。モデルから指定されたブロックを削除するか、推奨されるブロックに置き換えます。
ブロックが量産コード配布に推奨されていません。モデルから指定されたブロックを削除するか、推奨されるブロックに置き換えます。
値が 1 の Gain ブロックをチェックします。Gain ブロックを Signal Conversion ブロックに置き換えます。

機能および制限事項

次のことが可能です。

  • このチェックはライブラリ モデルで実行できます。

  • Simulink Check™ ライセンスをお持ちの場合は、ブロックおよびチャートをこのチェックから除外できます。

参考

コード生成でサポートされるブロックと製品

モデル アドバイザーの対象外指定の概要 (Simulink Check)

コード生成の目的に対するモデル コンフィギュレーションをチェック

コード生成の目的に対し、モデルのコンフィギュレーション パラメーターの設定をチェックします。

説明

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの各パラメーターで、目的に応じてコード生成の推奨設定が異なる場合があります。このチェックは、各パラメーターの推奨設定を特定するのに役立ち、目的に応じてコードを最適化できます。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
パラメーターが、特定の目的の推奨値以外の値に設定されています。

パラメーターを推奨値に設定します。

メモ

あるパラメーター値を変更すると、他のパラメーターにも影響を及ぼす場合があります。チェックに合格するまでに複数回の反復が必要になる場合があります。

アクション結果

[パラメーターの変更] をクリックすると、パラメーター値が推奨値に変わります。

参考