Main Content

Web ビューの作成と使用

このチュートリアルについて

このチュートリアルでは、Simulink® モデルを Web ビューにエクスポートする手順を説明します。

Simulink モデル ウィンドウから sldemo_auto_climatecontrol モデルを使用して Web ビューを作成します。モデルは Simulink ソフトウェアに含まれています。このモデルは自動車の自動室温調節システムの動作をシミュレートします。

特定のシステムのエクスポート

Web ビューを作成する場合、エクスポートのオプションを指定できます。

  1. MATLAB® コマンド プロンプトで sldemo_auto_climatecontrol と入力して Simulink モデルを開きます。

  2. Simulink ツールストリップの [シミュレーション] タブにある [ファイル] セクションで、[保存] をクリックします。[モデルのエクスポート先] で、[Web ビュー] を選択します。

  3. [包含オプション][マスク サブシステム] を選択します。これにより Web ビューのユーザーが、マスクされたブロックを操作できるようになります。

  4. [除外するシステム][Temperature Control Chart] を選択します。

  5. [フォルダー] エディット ボックスを使用して、エクスポートする Web ビュー ファイルの zip ファイルの名前として climate_control_webview を指定します。

  6. [パッケージが存在する場合、上書きを防ぐために名前をインクリメントする] チェック ボックスをオンにします。このオプションを選択すると、同じモデルから複数の Web ビューをエクスポートした場合に Web ビュー ファイルが上書きされることはありません。

  7. [エクスポート] をクリックします。

選択したシステムを Web ビューにエクスポートすると、システムを表示するための HTML ファイルおよびいくつかのサポート ファイルが作成されます。この例では、既定で設定されるファイル名を変更します。

Web ビュー ファイルがエクスポートされ、Web ブラウザーに Web ビューが表示されます。

モデル最上位に Temperature Control Chart が表示されますが、このチャートを Web ビューで開いてその内容を見ることはできません。

Web ビューのナビゲーション

既定では、モデル全体を Web ビューにエクスポートすると、モデル ビューアー ペインにモデル全体が表示されます。Web ビューに特定のシステムを表示することも可能です。次に例を示します。

  1. モデル ビューアーで、AC Control サブシステムをダブルクリックします。

    モデル ビューアーに AC Control サブシステムが表示されます。タブのラベルに、現在表示されているサブシステムの名前が反映されます。

  2. モデル ブラウザーを開きます (既定では非表示)。[モデル ブラウザーの非表示/表示] をクリックします。

  3. 別のタブにもう 1 つのシステムを開きます。モデル ブラウザーで CTRL キーを押しながら Heater Control システムをクリックして選択します。

  4. AC Control システムをモデル ビューアーの最上部にドラッグします。表示領域にカーソルを置き、マウスのスクロール ホイールを押しながらドラッグします。

  5. マウスのスクロール ホイールを使って表示をズームします。

ブロックと信号のパラメーターおよびプロパティの表示

  1. モデル ブラウザーで sldemo_auto_climatecontrol を選択します。

  2. AC Control サブシステムをダブルクリックします。

  3. Temp/enthalpy ブロックをクリックしてブロック パラメーターの値を表示します。オブジェクト インスペクター ペインでは、ブロック パラメーターのダイアログ ボックスのタブごとにブロック パラメーターがグループ化されます。

  4. Exit Temp (AC) ブロックの入力信号をクリックして、信号のプロパティを表示します。

    Web ビューの他の部分に移動してみます。

  5. Web ビューを閉じます。

Web ビューを開く

MATLAB の現在のフォルダー (または特定のシステムのエクスポートの手順の実行時に zip ファイルを保存した場所) で、climate_control_webview zip ファイルの内容を解凍して webview.html ファイルを開きます。

関連する例

詳細