Main Content

mlreportgen.dom.TableFooter クラス

パッケージ: mlreportgen.dom

形式的テーブル フッター

説明

形式的テーブル フッターのコンテンツと書式を指定します。

mlreportgen.dom.TableFooter クラスは handle クラスです。

プロパティ

すべて展開する

このドキュメント要素の子。DOM オブジェクトの配列として指定します。このプロパティは読み取り専用です。

テーブルまたはテーブル セクション (ヘッダー、本文、フッター) の列を分ける線のスタイル。mlreportgen.dom.ColSep オブジェクトで指定します。

使用可能な値の説明については、Border プロパティの説明を参照してください。

列を分ける線の色。次のいずれかとして指定します。

  • 色の名前。名前は CSS の色の名前にしなければなりません。https://www.w3.org/wiki/CSS/Properties/color/keywords を参照してください。

  • #RRGGBB としての 16 進数の RGB (トゥルーカラー) 値。たとえば、#0000ff は青色です。

valueUnits 形式でテーブル列を分ける線の幅。Units に対しては、次のいずれかの略語を使用します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

たとえば、3 ポイントの列の区切りでは、ColSepWidth プロパティを '3pt' に設定します。

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

このドキュメント要素の親。DOM オブジェクトとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

テーブルまたはテーブル セクション (ヘッダー、本文、またはフッター) の行を分ける線のスタイル。

使用可能な値の説明については、Border プロパティの説明を参照してください。

テーブル行を分ける線の色。以下のいずれかの値として指定します。

  • 色の名前。サポートされている色のリストについては、mlreportGen.dom.Color クラスのリファレンス ページを参照してください。

  • #RRGGBB としての 16 進数の RGB (トゥルーカラー) 値。たとえば、#0000ff は青色です。

テーブル行を分ける線の幅。valueUnits 形式。Units は単位の略語です。次のいずれかの略語を使用します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

テーブル フッターの書式を指定する書式オブジェクト (Bold オブジェクトなど) の配列。

このプロパティは、StyleName プロパティで指定したスタイル シートのスタイルで定義した対応する書式をオーバーライドします。

テーブル フッターを追加するドキュメントまたはドキュメント パーツのスタイル シートで指定したスタイルの名前

データ型: char

テーブル エントリの水平方向の配置。'center''left'、または 'right' として指定します。

データ型: char

内側の余白はテーブル セルのコンテンツとセル境界線間の余白であり、形式は valueUnits です。ここで、Units は単位の略語です。有効な略語を以下に示します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

テーブル エントリの書式を指定する書式オブジェクトの cell 配列。

テーブル セルのコンテンツの垂直方向の配置。以下のいずれかの値として指定します。

  • 'top'

  • 'middle'

  • 'bottom'

このドキュメント要素のタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

DOM は、このオブジェクトを作成するときに、セッション固有タグを生成します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。独自のタグ値を指定すると、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所を容易に特定できるようになります。

メソッド

すべて展開する

バージョン履歴

R2014b で導入