Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mlreportgen.dom.Border クラス

パッケージ: mlreportgen.dom
スーパークラス:

オブジェクトの境界線プロパティ

説明

オブジェクトの境界線プロパティを指定します。

構築

borderObj = Border() は、指定なしで境界線を作成します。

borderObj = Border(style) は、スタイルが指定された境界線を作成します。

borderObj = Border(style,color) は、スタイルと色が指定された境界線を作成します。

borderObj = Border(style,color,width) は、スタイル、色、および幅が指定された境界線を作成します。

入力引数

すべて展開する

次の表のいずれかの値を使用します。

境界線の値説明サポートされる出力タイプ

'dashed'

破線

すべての出力タイプ

'dashdotstroked'

斜めの破線と点が交互に入った線

Word

'dashsmallgap'

破線間に小さい隙間がある破線

Word

'dotted'

点線

すべての出力タイプ

'dotdash'

点と破線が交互に入った線

Word

'dotdotdash'

2 つの点と 1 本の破線が交互に入った線

Word

'double'

二重線

すべての出力タイプ

'doublewave'

二重波線

Word

'groove'

3D 効果溝付き線

HTML および PDF

'hidden'

線なし

境界線タイプ 'none' も線を生成しません。ただし、競合する境界線の処理が、'hidden' タイプと 'none' タイプで異なります。境界線タイプ 'hidden' は、競合する境界線タイプよりも優先されます。競合する境界線タイプは、'none' タイプよりも優先されます。

HTML および PDF

'inset'

3D 効果線

すべての出力タイプ

'none'

線なし

境界線タイプ 'hidden' も線を生成しません。ただし、競合する境界線の処理が、'hidden' タイプと 'none' タイプで異なります。境界線タイプ 'hidden' は、競合する境界線タイプよりも優先されます。競合する境界線タイプは、'none' タイプよりも優先されます。

すべての出力タイプ

'outset'

3D 効果線

すべての出力タイプ

'ridge'

3D 効果突起付き線

HTML および PDF

'single'

一重線

Word

'solid'

一重線

HTML および PDF

'thick'

太い線

Word

'thickthinlargegap'

太い破線と細い破線が交互に入った隙間の大きい破線

Word

'thickthinmediumgap'

太い破線と細い破線が交互に入った隙間が中程度の破線

Word

'thickthinsmallgap'

太い破線と細い破線が交互に入った隙間の小さい破線

Word

'thinthicklargegap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間が中程度の破線

Word

'thinthickmediumgap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間が中程度の破線

Word

'thinthicksmallgap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間の小さい破線

Word

'thinthickthinlargegap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間の大きい破線

Word

'thinthickthinmediumgap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間が中程度の破線

Word

'thinthickthinsmallgap'

細い破線と太い破線が交互に入った隙間の小さい破線

Word

'threedemboss'

エンボス加工した効果線

Word

'threedengrave'

彫り込み効果線

Word

'triple'

三重線

Word

'wave'

波線

Word

以下を指定できます。

  • 色の名前。名前は CSS の色の名前にしなければなりません。https://www.w3.org/wiki/CSS/Properties/color/keywords を参照してください。

  • #RRGGBB としての 16 進数の RGB (トゥルーカラー) 値。たとえば、#0000ff は青色です。

境界線の幅。valueUnits 形式で文字ベクトルとして指定します。Units は、単位の略語です。有効な略語を以下に示します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

出力引数

すべて展開する

テーブルの境界線。mlreportgen.dom.Border オブジェクトで表されます。

プロパティ

すべて展開する

以下を指定できます。

  • 色の名前。名前は CSS の色の名前にしなければなりません。https://www.w3.org/wiki/CSS/Properties/color/keywords を参照してください。

  • #RRGGBB としての 16 進数の RGB (トゥルーカラー) 値。たとえば、#0000ff は青色です。

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

詳細については、mlreportgen.dom.Border コンストラクターの style 入力引数の説明を参照してください。

このドキュメント要素のタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

DOM は、このオブジェクトを作成するときに、セッション固有タグを生成します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。独自のタグ値を指定すると、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所を容易に特定できるようになります。

境界線の幅。valueUnits 形式で文字ベクトルとして指定します。Units は、単位の略語です。有効な略語を以下に示します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

下側の境界線セグメントの色。文字ベクトルとして指定します。

下側の境界線セグメントのスタイル。文字ベクトルとして指定します。

下側の境界線セグメントの幅。文字ベクトルとして指定します。

上側の境界線セグメントの色。文字ベクトルとして指定します。

上側の境界線セグメントのスタイル。文字ベクトルとして指定します。

上側の境界線セグメントの幅。文字ベクトルとして指定します。

左側の境界線セグメントの色。文字ベクトルとして指定します。

左側の境界線セグメントのスタイル。文字ベクトルとして指定します。

左側の境界線セグメントの幅。文字ベクトルとして指定します。

右側の境界線セグメントの色。文字ベクトルとして指定します。

右側の境界線セグメントのスタイル。文字ベクトルとして指定します。

右側の境界線セグメントの幅。文字ベクトルとして指定します。

すべて折りたたむ

import mlreportgen.dom.*;
doctype = 'html';
d = Document('test',doctype);
t = Table(magic(5));
t.Style = {Border('inset','crimson','6pt'),Width('50%')};
t.TableEntriesInnerMargin = '6pt';
append(d,t);
close(d);
rptview('test',doctype);