Main Content

略式テーブルの作成

DOM API 略式テーブルは本体だけで、個別のヘッダー セクションやフッター セクションをもちません。対照的に、DOM API 形式的テーブルには、ヘッダー セクションと本体セクション、フッター セクションがあります。略式テーブルの 1 つ以上の行を書式設定して、ヘッダーやフッターのように見せることは可能です。しかし、テーブルのヘッダーやフッターが複数行に及ぶ場合は、形式的テーブルの使用を検討してください。形式的テーブルの作成を参照してください。レポート内で作成可能な他の種類のテーブルについては、作成するテーブルの種類の選択を参照してください。

略式テーブルは、mlreportgen.dom.Table オブジェクトで表されます。テーブルの行およびエントリは、mlreportgen.dom.TableRow オブジェクトと mlreportgen.dom.TableEntry オブジェクトでそれぞれ表されます。

MATLAB® 配列から略式テーブルを作成できます。TableRow オブジェクトと TableEntry オブジェクトを作成する必要がないため、この方法が最も簡単です。TableRow オブジェクトと TableEntry オブジェクトから略式テーブルを作成することもできます。この方法は、エントリが複数の列または行にまたがる場合など、書式設定の要件が複雑な場合に便利です。

テーブルの書式設定の詳細については、Format Tablesを参照してください。

MATLAB 配列からの略式テーブルの作成

2 次元の数値配列、categorical 配列、cell 配列をドキュメントに追加して、テーブルを作成できます。cell 配列は MATLAB データおよび DOM オブジェクトを含むことができます。mlreportgen.dom.Table リファレンス ページの入力引数 array を参照してください。append メソッドは、配列を mlreportgen.dom.Table オブジェクトに変換してドキュメントに追加し、その Table オブジェクトを返します。その後、このオブジェクトを書式設定できます。Table コンストラクターに配列を指定して、Table オブジェクトを直接作成することもできます。

次の例では、数値配列からテーブルを作成します。この例では、Table 書式プロパティを使用して、テーブルの境界線、行と列の区切り、エントリの配置と余白を指定しています。

import mlreportgen.dom.*;
d = Document('myTableReport','pdf');

t = append(d,magic(5));
t.Border = 'single';
t.ColSep = 'single';
t.RowSep = 'single';
t.TableEntriesHAlign = 'right';
t.TableEntriesVAlign = 'middle';
t.TableEntriesInnerMargin = '2pt';

close(d);
rptview(d);

生成されたレポートのテーブルは次のようになります。

A table containing the output of magic(5). The borders and separators are thin, solid, black lines.

行とエントリからの略式テーブルの作成

mlreportgen.dom.TableEntry オブジェクトを作成して mlreportgen.dom.TableRow オブジェクトに追加し、その mlreportgen.dom.TableRow オブジェクトを mlreportgen.dom.Table オブジェクトに追加して、略式テーブルを作成できます。例については、Span a Table Entry Across Rows and Columnsを参照してください。

参考

| |

関連するトピック