最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レポートの書式設定方法

スタイル シート、書式オブジェクト、書式プロパティまたはこれらの方法の任意の組み合わせを使用して、レポートを書式設定できます。

テンプレートのスタイル シート

DOM API には、レポート生成時のレポートの書式設定用に、各出力タイプに対して既定のテンプレートが付属しています。これらのテンプレートをカスタマイズして、レポートの既定の書式設定とレイアウトを指定できます。DOM API レポート プログラムのテンプレートを参照してください。

テンプレートのスタイル シートを使用して、ドキュメント オブジェクト (段落、ヘッダー、テーブルなど) の既定の書式設定を記述します。スタイル シートは、書式設定スタイルのコレクションです。スタイルは、特定のタイプのオブジェクトを対象にした書式のコレクションに名前を付けたものです。HTML および PDF の場合は、ドキュメントの特定のコンテキストで表示される特定のタイプのオブジェクトを対象にします。たとえば、1 組の書式 (フォント サイズ、強調、フォント ファミリなど) を使用する段落スタイル MyPara を定義できます。もう 1 組の異なる書式を使用する YourPara という名前の別の段落スタイルを定義します。レポート プログラムを記述する際は、名前を使用してそのスタイルを段落オブジェクトに割り当てます。例については、スタイル シートのスタイルの使用を参照してください。

書式オブジェクト

書式オブジェクトは、ドキュメント形式のプロパティおよび機能 (フォント ファミリやフォント サイズなど) を定義する MATLAB® オブジェクトです。DOM API には、書式オブジェクトの作成用に一連のコンストラクターが用意されており、これらの書式オブジェクトは HTML、Word および PDF ドキュメントで利用可能な書式設定オプションの大部分に対応しています。ほとんどの DOM ドキュメント オブジェクトには、書式オブジェクトの cell 配列に設定できる Style プロパティが含まれています。ドキュメント オブジェクトの Style プロパティをもつ書式オブジェクトを使用して、オブジェクトを書式設定できます。たとえば、次のコードは書式オブジェクトを使用して、警告の段落のスタイルを指定します。

p = Paragraph('Danger!');
p.Style = {Color('red'),FontFamily('Arial'),FontSize('18pt')};

書式オブジェクトの同じ配列を、1 を超える DOM ドキュメント オブジェクトに割り当てることができます。この手法を使用して、テンプレート スタイル シートと同等の機能をプログラムで作成できます。例:

warning = {Color('red'),FontFamily('Arial'),FontSize('18pt')};
p = Paragraph('Danger!');
p.Style = warning;
p = Paragraph('Caution!');
p.Style = warning;

DOM API を使用すると、書式が適用されるかどうかにかかわらず、任意の書式オブジェクトを任意のドキュメント オブジェクトに割り当てることができます。書式が適用されない場合は無視されます。

書式プロパティ

ほとんどの DOM オブジェクトには、そのクラスのオブジェクトで一般的に使用される書式オプションに対応する一連のプロパティがあります。ドット表記を使用して、オブジェクトの書式を指定できます。たとえば、次のコードは、Paragraph オブジェクトの ColorFontFamily および FontSize 書式プロパティを使用して、段落のテキストのフォントと色を設定します。ドットの後の各文字列は書式プロパティに対応します。

p = Paragraph('Danger!');
p.Color = 'red';
p.FontFamilyName = 'Arial';
p.FontSize = '18pt';

書式プロパティに値を割り当てると、API によって相当する書式オブジェクトが作成され、そのオブジェクトがドキュメント オブジェクトの Style プロパティに割り当てられます。同様に、書式オブジェクトをオブジェクトの Style プロパティに割り当てると、API により相当する値が対応する書式プロパティに割り当てられます (存在している場合)。このように、API はオブジェクトの書式プロパティとそのオブジェクトの Style プロパティの同期を維持します。

メモ

書式プロパティの値を変更すると、DOM API は以下を実行します。

  • 対応する書式オブジェクトのクローンを作成

  • クローンの対応する書式オブジェクトのプロパティの値を変更

  • ドキュメント オブジェクトに割り当てられた書式オブジェクトの配列において、元の書式オブジェクトをクローンに置換

DOM ではこのようにして、1 つのオブジェクトの書式プロパティの変更により、他のオブジェクトに元々割り当てられていたスタイルが変更されることのないようにします。

関連する例

詳細