最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの作成と書式設定

イメージの作成

レポートのイメージを作成するには、mlreportgen.dom.Image オブジェクトを作成します。これは、次のいずれかのドキュメント要素オブジェクトに追加できます。

  • Document

  • Group

  • Paragraph

  • ListItem

  • TableEntry

たとえば、MATLAB® Figure を作成し、この Figure をイメージとして保存して、そのイメージをレポートに追加できます。

import mlreportgen.dom.*
d = Document('imageArea','html');

p = Paragraph('Plot 1');
p.Bold = true;
append(d,p);

x = 0:pi/100:2*pi;
y = sin(x);
plot(x,y);

saveas(gcf,'myPlot_img.png');

plot1 = Image('myPlot_img.png');
append(d,plot1);

close(d);
rptview(d.OutputPath);

サポートされているイメージ形式の一覧については、mlreportgen.dom.Image を参照してください。

イメージのサイズ変更

イメージ オブジェクトのサイズを変更するには、以下の方法があります。

  • Image.Height プロパティと Image.Width プロパティを設定する。

  • Image.Style プロパティの定義で mlreportgen.dom.Height または mlreportgen.dom.Width オブジェクトを使用する。

Microsoft® Word および PDF のレポートの場合、mlreportgen.dom.ScaleToFit オブジェクトを使用して、ページの余白内またはイメージが含まれるテーブル エントリ内にイメージが収まるようにイメージをスケーリングできます。

イメージのストレージ

ドキュメントにコピーされるまで元のファイルを保持します。ドキュメントを閉じると、DOM API によりソース イメージ ファイルのコンテンツが出力ドキュメントにコピーされます。

イメージからのリンク

イメージの領域をリンクとして指定できます。HTML ブラウザーのイメージ内でリンク領域をクリックすると、リンクが開きます。詳細については、イメージ マップの作成を参照してください。

参考

| | |

関連する例

詳細