Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

rosshutdown

ROS システムのシャットダウン

説明

rosshutdown は、グローバル ノードと ROS マスター (実行中の場合) をシャットダウンします。ROS ネットワークでの作業が完了したら、rosshutdown を使用して、rosinit により作成されたグローバル ROS エンティティをシャットダウンします。グローバル ノードと ROS マスターが実行されていない場合、この関数の効果はありません。

メモ

rosshutdown を呼び出すと、rossubscriber により作成された、サブスクライバーなどのグローバル ノードに依存するすべての ROS エンティティ (オブジェクト) が削除され、不安定になります。

ROS エンティティを安全に削除するには、rosshutdown を呼び出す前に、これらのオブジェクトで clear を呼び出します。

すべて折りたたむ

rosinit
Launching ROS Core...
.Done in 1.5909 seconds.
Initializing ROS master on http://192.168.0.10:51822.
Initializing global node /matlab_global_node_28961 with NodeURI http://bat1070306glnxa64:33417/

終了したら、ROS ネットワークをシャットダウンします。

rosshutdown
Shutting down global node /matlab_global_node_28961 with NodeURI http://bat1070306glnxa64:33417/
Shutting down ROS master on http://192.168.0.10:51822.

参考

R2019b で導入