Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

clearCollision

接続されたすべての衝突ジオメトリのクリア

説明

clearCollision(body) は、指定した剛体オブジェクトに接続されたすべての衝突ジオメトリをクリアします。

すべて折りたたむ

ロボット モデルを読み込み、衝突メッシュを変更します。既存の衝突メッシュをクリアし、簡易衝突オブジェクトのプリミティブ型を追加して、特定のコンフィギュレーションが競合しているかどうかを確認します。

ロボット モデルの読み込み

関数 loadrobot を使用して、事前構成済みのロボット モデルをワークスペースに読み込みます。このモデルには、既に各ボディに指定された衝突メッシュがあります。すべての剛体要素を反復し、既存の衝突メッシュをクリアします。既存のメッシュがなくなっていることを確認します。

robot = loadrobot('kukaIiwa7','DataFormat','column');

for i = 1:robot.NumBodies
    clearCollision(robot.Bodies{i})
end

show(robot,'Collisions','on','Visuals','off');

衝突シリンダーの追加

衝突シリンダーを各ボディに追加する作業を繰り返します。この特定のモデルに対するボディの一部は、オーバーラップしてエンドエフェクタ (ボディ 10) と常に衝突するため、スキップします。

collisionObj = collisionCylinder(0.05,0.25);

for i = 1:robot.NumBodies
    if i > 6 && i < 10
        % Skip these bodies.
    else
        addCollision(robot.Bodies{i},collisionObj)
    end
end

show(robot,'Collisions','on','Visuals','off');

衝突チェック

一連のランダムなコンフィギュレーションを生成します。ロボットが各コンフィギュレーションで競合しているかどうかを確認します。競合している各コンフィギュレーションを可視化します。

figure
rng(0) % Set random seed for repeatability.
for i = 1:20
    config = randomConfiguration(robot);
    isColliding = checkCollision(robot,config);
    if isColliding
        show(robot,config,'Collisions','on','Visuals','off');
        title('Collision Detected')
    else
        % Skip non-collisions.
    end
end

入力引数

すべて折りたたむ

剛体。rigidBody オブジェクトとして指定します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2020b で導入