Main Content

addVisual

剛体へのビジュアル ジオメトリ データの追加

説明

addVisual(body,"Mesh",filename) は、指定した .stl または .dae ファイル (filename) を使用して、現在の任意のビジュアル ジオメトリ上にポリゴン メッシュを追加します。1 つのボディに複数のビジュアル ジオメトリを追加できます。座標系は body の座標系と一致していると仮定されます。show を使用して、剛体ツリー全体のメッシュを表示できます。

addVisual(body,"Mesh",filename,tform) は、ボディ座標系を基準としたポリゴン メッシュの同次変換を指定します。

入力引数

すべて折りたたむ

RigidBody オブジェクト。ハンドルとして指定します。rigidBody を使用して剛体オブジェクトを作成します。

メッシュ ファイルの名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。このファイルは有効な .stl または .dae ファイルである必要があります。

データ型: char | string

ボディ座標系を基準としたメッシュ変換。4 行 4 列の同次変換として指定します。

バージョン履歴

R2017b で導入