ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

codistributed.speye

対話型分散スパース単位行列を作成する

構文

CS = codistributed.speye(n)
CS = codistributed.speye(m,n)
CS = codistributed.speye([m,n])
CS = speye(n,codist)
CS = speye(m,n,codist)
CS = speye([m,n],codist)

説明

CS = codistributed.speye(n) は、基になるクラスが double である nn 列のスパース対話型分散配列を作成します。

CS = codistributed.speye(m,n) または CS = codistributed.speye([m,n]) は、基になるクラスが double である mn 列のスパース対話型分散配列を作成します。

codistributed.speye のオプションの引数は、必須の引数の後に以下の順序で指定しなければなりません。

  • codist — 作成する配列の分散スキームを指定する対話型分散オブジェクト。省略した場合、配列は既定の分散スキームを使用して分散されます。対話型分散オブジェクトの作成についての詳細は、codistributor1d および codistributor2dbc のリファレンス ページを参照してください。

  • 'noCommunication' — 配列の作成時にワーカー間の通信を行わないよう指定し、一部のエラー チェックの手順をスキップします。

CS = speye(n,codist)CS = codistributed.speye(n,codist) と同じ結果になります。また、この構文でオプションの引数を使用することもできます。既定の分散スキームを使用するには、引数なしで対話型分散コンストラクターを指定します。以下に例を示します。

spmd
    CS = codistributed.speye(8,codistributor1d());
end

CS = speye(m,n,codist) および CS = speye([m,n],codist) は、それぞれ CS = codistributed.speye(m,n) および CS = codistributed.speye([m,n]) と同じ結果になります。また、この構文でオプションの引数を使用することもできます。

メモ:

基になるクラスが logical であるスパース対話型分散配列を作成するには、まず基になるクラスが double である配列を作成し、関数 logical を使用してそれをキャストします。

CLS = logical(speye(m,n,codistributor1d()))

ワーカーを 4 つ使用する場合

spmd(4)
    CS = speye(1000,codistributor())
end

これは、2 番目の次元 (列) で分散される 1000 行 1000 列で double 型のスパース対話型分散配列 CS を作成します。各ワーカーには CS の 1000 行 250 列のローカル ピースが格納されます。

spmd(4)
    codist = codistributor1d(2,1:numlabs);
    CS = speye(10,10,codist);
end

これは、列により分散される 10 行 10 列で double 型のスパース対話型分散配列 CS を作成します。各ワーカーには、CS の 10 行 labindex 列のローカル ピースが格納されます。

R2009b で導入