Main Content

rotmat

四元数の回転行列への変換

説明

rotationMatrix = rotmat(quat,rotationType) は、四元数 quat を等価の回転行列表現に変換します。

すべて折りたたむ

点の回転に使用する四元数を定義します。

theta = 45;
gamma = 30;
quat = quaternion([0,theta,gamma],'eulerd','ZYX','point')
quat = quaternion
       0.8924 +  0.23912i +  0.36964j + 0.099046k

四元数を回転行列に変換します。

rotationMatrix = rotmat(quat,'point')
rotationMatrix = 3×3

    0.7071   -0.0000    0.7071
    0.3536    0.8660   -0.3536
   -0.6124    0.5000    0.6124

回転行列を検証するには、y 軸および x 軸を中心とした回転に対応する 2 つの回転行列を直接作成します。回転行列を乗算して、rotmat の出力と比較します。

theta = 45;
gamma = 30;

ry = [cosd(theta)   0           sind(theta) ; ...
      0             1           0           ; ...
     -sind(theta)   0           cosd(theta)];
 
rx = [1             0           0           ;      ...
      0             cosd(gamma) -sind(gamma) ;     ...
      0             sind(gamma) cosd(gamma)];

rotationMatrixVerification = rx*ry
rotationMatrixVerification = 3×3

    0.7071         0    0.7071
    0.3536    0.8660   -0.3536
   -0.6124    0.5000    0.6124

座標系の回転に使用する四元数を定義します。

theta = 45;
gamma = 30;
quat = quaternion([0,theta,gamma],'eulerd','ZYX','frame')
quat = quaternion
       0.8924 +  0.23912i +  0.36964j - 0.099046k

四元数を回転行列に変換します。

rotationMatrix = rotmat(quat,'frame')
rotationMatrix = 3×3

    0.7071   -0.0000   -0.7071
    0.3536    0.8660    0.3536
    0.6124   -0.5000    0.6124

回転行列を検証するには、y 軸および x 軸を中心とした回転に対応する 2 つの回転行列を直接作成します。回転行列を乗算して、rotmat の出力と比較します。

theta = 45;
gamma = 30;

ry = [cosd(theta)   0           -sind(theta) ; ...
      0             1           0           ; ...
     sind(theta)   0           cosd(theta)];
 
rx = [1             0           0           ;      ...
      0             cosd(gamma) sind(gamma) ;     ...
      0             -sind(gamma) cosd(gamma)];

rotationMatrixVerification = rx*ry
rotationMatrixVerification = 3×3

    0.7071         0   -0.7071
    0.3536    0.8660    0.3536
    0.6124   -0.5000    0.6124

3 行 1 列の正規化された四元数ベクトルを作成します。

qVec = normalize(quaternion(randn(3,4)));

四元数配列を回転行列に変換します。rotmatArray のページは、qVec の線形インデックスに対応します。

rotmatArray = rotmat(qVec,'frame');

qVecrotmatArray が回転のシーケンスに対応すると仮定します。複数の四元数回転を単一の表現に統合してから、任意に初期化した直交座標点に四元数回転を適用します。

loc = normalize(randn(1,3));
quat = prod(qVec);
rotateframe(quat,loc)
ans = 1×3

    0.9524    0.5297    0.9013

複数の回転行列を単一の表現に統合してから、同じ初期直交座標点に回転行列を適用します。四元数回転と回転行列の結果を同じ方向で検証します。

totalRotMat = eye(3);
for i = 1:size(rotmatArray,3)
    totalRotMat = rotmatArray(:,:,i)*totalRotMat;
end
totalRotMat*loc'
ans = 3×1

    0.9524
    0.5297
    0.9013

入力引数

すべて折りたたむ

変換する四元数。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

データ型: quaternion

rotationMatrix 出力によって表現される回転のタイプ。'frame' または 'point' として指定します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

回転行列の表現。3 行 3 列の行列または 3 x 3 x N の多次元配列として返されます。

  • quat がスカラーの場合、rotationMatrix は 3 行 3 列の行列として返されます。

  • quat が非スカラーの場合、rotationMatrix は 3 x 3 x N の多次元行列として返されます。ここで rotationMatrix(:,:,i) は、quat(i) に対応する回転行列です。

回転行列のデータ型は、quat の基となるデータ型と同じです。

データ型: single | double

アルゴリズム

次の形式の四元数を考えます。

q=a+bi+cj+dk,

座標系の回転に対応する等価の回転行列は次のように定義されます。

[2a21+2b22bc+2ad2bd2ac2bc2ad2a21+2c22cd+2ab2bd+2ac2cd2ab2a21+2d2].

点の回転に対応する等価の回転行列は、座標系の回転行列の転置です。

[2a21+2b22bc2ad2bd+2ac2bc+2ad2a21+2c22cd2ab2bd2ac2cd+2ab2a21+2d2].

参照

[1] Kuipers, Jack B. Quaternions and Rotation Sequences: A Primer with Applications to Orbits, Aerospace, and Virtual Reality. Princeton, NJ: Princeton University Press, 2007.

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2019b で導入

参考

関数

オブジェクト