Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

wait

クラス: timer

タイマーが実行を停止するまでコマンド プロンプトをブロック

構文

説明

wait(t) はタイマー t が実行を停止するまでコマンド プロンプトをブロックします。t が timer オブジェクトの配列の場合、waitt の各タイマーが実行を停止するまで、MATLAB® コマンド ラインをブロックします。

コマンド ラインをブロックするには、wait メソッドを呼び出す前に、まず start または startat により、timer オブジェクトを開始しなければなりません。タイマーを実行していない場合、関数 wait に直ちに処理が戻ります。

入力引数

t

timer オブジェクトの配列

すべて展開する

10 秒待ってからメッセージを表示するタイマーを作成します。タイマーを開始し、終了するまで待ちます。

T = timer('TimerFcn',@(~,~)disp('Fired.'),'StartDelay',10);
start(T)
Fired.

タイマーが開始した後、MATLAB プロンプトに戻ることに注意してください。

タイマーを開始してから wait メソッドを使用し、MATLAB コマンド ラインからのコマンド入力をブロックします。wait コマンドを呼び出す前に、タイマーを開始しなければなりません。

start(T)
wait(T)
Fired.

タイマーが開始した後、タイマーが停止するまで MATLAB プロンプトが表示されないことに注意してください。

タイマーを削除します。

delete(T)

参考

|

R2006a より前に導入