Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

saveobj

オブジェクトの保存プロセスの変更

構文

b = saveobj(a)

説明

b = saveobj(a) は、a のクラスが saveobj メソッドを定義する場合、関数 save によって呼び出されます。関数 save は、戻り値 b を MAT ファイルに書き込みます。

オブジェクトの読み込み中に適切なアクションが実行されるように loadobj メソッドを定義します。

A がオブジェクトの配列である場合、MATLAB® は、保存された各オブジェクトに対して saveobj を個別に呼び出します。

以下の構文を使用して saveobj のサブクラス実装からスーパークラス saveobj メソッドを呼び出します。

classdef mySub < super
   methods
      function sobj = saveobj(obj)
         % Call superclass saveobj method
         sobj = saveobj@super(obj); 
         % Perform subclass save operations
         ...
      end
   ...
   end
...
end

オブジェクトの保存時に、以下のようにオブジェクトを更新します。

function b = saveobj(a)
   % If the object does not have an account number,
   % Add account number to AccountNumber property
   if isempty(a.AccountNumber) 
      a.AccountNumber = getAccountNumber(a);
   end
   b = a;
end
R2006a より前に導入