Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pie3

構文

pie3(X)
pie3(X,explode)
pie3(...,labels)
pie3(axes_handle,...)
h = pie3(...)

説明

pie3(X) は、X のデータを使用して 3 次元円グラフを描画します。X の各要素は、円グラフの扇形として表されます。

  • sum(X) ≤ 1 の場合、X の値は円の扇形の面積を直接指定します。sum(X) < 1 の場合、pie3 は円を部分的に描画します。

  • X の要素の合計が 1 より大きい場合、pie3X/sum(X) によって値を正規化して円の各扇形の面積を決定します。

pie3(X,explode) は、円グラフの中心から対応する扇形をオフセットするかどうかを指定します。explode(i,j) がゼロでなければ、X(i,j) は中心からオフセットされます。explode は、X と同じサイズでなければなりません。

pie3(...,labels) は、扇形のテキスト ラベルを指定します。ラベル数は、X の要素数に等しくなる必要があります。

pie3(axes_handle,...) は、現在の座標軸 (gca) の代わりにハンドル axes_handle をもつ座標軸にプロットします。

h = pie3(...) は、patch、surface および text グラフィックス オブジェクトのハンドル番号のベクトルを返します。

すべて折りたたむ

ベクトル x の 3 次元円グラフを作成します。

x = [1,3,0.5,2.5,2];
figure
pie3(x)

2 番目の円の扇形をオフセットするには、対応する explode 要素を 1 に設定します。

explode = [0,1,0,0,0];
figure
pie3(x,explode)

3 次元円グラフを作成し、テキスト ラベルを指定します。

x = 1:3;
labels = {'Taxes','Expenses','Profit'};
    
figure
pie3(x,labels)

2 年間の財務データを含むベクトル y2010y2011 を作成します。次に、値のラベルを含む cell 配列を作成します。

y2010 = [50 0 100 95];
y2011 = [65 22 97 120];
labels = {'Investments','Cash','Operations','Sales'};

21 列のタイル表示チャート レイアウトを作成し、y2010 のデータの円グラフと凡例を 1 番目のタイルに表示します。次に、y2011 のデータの円グラフと凡例を 2 番目のタイルに表示します。

t = tiledlayout (2,1);
ax1 = nexttile;
pie3(ax1,y2010)
title('2010')
legend(labels)

ax2 = nexttile;
pie3(ax2,y2011)
title('2011')
legend(labels)

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での動作変更

拡張機能

参考

R2006a より前に導入