Main Content

reportFinalizedSuite

クラス: matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
パッケージ: matlab.unittest.plugins

確定した TestSuite 配列の報告の拡張

説明

reportFinalizedSuite(plugin,pluginData) は、元のテスト スイートの部分的な確定の報告を拡張します。テスト スイートの部分は、検定が要素に関連付けられている結果を変更できなくなると確定されます。このテスト フレームワークは、TestSuite 配列全体を分割してできるグループの数と同じ回数このメソッドを評価します。

部分的に確定されたテスト ケースの結果を報告する例としては、テストを並列実行する (Parallel Computing Toolbox™ が必要) 場合などがあります。この場合、テスト フレームワークは、元の TestSuite 配列を個別のグループに分割して、現在の並列プール上のワーカーに割り当てます。reportFinalizedSuite メソッドをオーバーライドするプラグインは、テスト スイート全体が完了するまで待機せずに、ワーカーによってテスト グループの結果が確定されるとすぐにその結果を報告できます。

入力引数

すべて展開する

プラグイン オブジェクト。matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin クラスのインスタンスとして指定します。

テスト スイートの確定部分の情報。matlab.unittest.plugins.plugindata.FinalizedSuitePluginData クラスのインスタンスとして指定します。テスト フレームワークはこの情報を使用してプラグインにテスト内容を記述します。

すべて展開する

1 つのテスト グループが確定したら、プラグイン クラスの reportFinalizedSuite メソッドをオーバーライドして、そのグループの概要を表示します。

classdef ExamplePlugin < matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin
    methods (Access = protected)
        function reportFinalizedSuite(plugin, pluginData)
            
            % Inspect pluginData to get finalized TestSuite information
            groupNumber = pluginData.Group;
            totalGroups = pluginData.NumGroups;
            suiteSize = numel(pluginData.TestSuite);
            fprintf('### Finished Running %d tests in group %d out of %d groups\n',...
                suiteSize, groupNumber, totalGroups)
            
            % Invoke the superclass method  
            reportFinalizedSuite@matlab.unittest.plugins.TestRunnerPlugin(plugin, pluginData);
        end
    end
end

バージョン履歴

R2019b で導入