Main Content

matlab.unittest.constraints.IsFile クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

ファイルを指す値を指定する制約

構築

IsFile は、値が既存のファイルを指す string スカラーまたは文字ベクトルであることを指定する制約を作成します。この制約は、値が既存のファイルへの絶対パスまたは相対パスである場合に満たされます。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase;
import matlab.unittest.constraints.IsFile;

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

myFile.mat が現在の作業フォルダーに存在するファイルであるかどうかをテストします。この例ではファイルが存在しないと仮定して、テストは失敗します。

act = 'myFile.mat';
testCase.verifyThat(act,IsFile)
Interactive verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
IsFile failed.
--> Value does not point to an existing file.
--> Current folder during evaluation:
        'C:\work'

Actual char:
    myFile.mat

現在の作業フォルダーに、ファイル myTxtFile.txt を含むフォルダー myFolder を作成します。

mkdir myFolder
dlmwrite(['myFolder' filesep 'myTxtFile.txt'],rand(5))

myTxtFile.txtmyFolder 内に存在するファイルであることを検証します。

act = ['myFolder' filesep 'myTxtFile.txt'];
testCase.verifyThat(act,IsFile)
Interactive verification passed.

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase;
import matlab.unittest.constraints.IsFile;

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

nonexistentFile.mat が現在の作業フォルダーに存在するファイルではないことを検証します。この例ではファイルが存在しないと仮定して、テストはパスします。

act = 'nonexistentFile.mat';
testCase.verifyThat(act,~IsFile)
Interactive verification passed.

バージョン履歴

R2018a で導入