Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.system.mixin.Propagates クラス

パッケージ: matlab.system.mixin

信号特性伝播 mixin クラス

matlab.system.mixin.Propagates mixin は将来のリリースで削除予定です。System object で今後この mixin から継承する必要はありません。関連する伝播メソッドは matlab.System クラスに移動しました。

説明

matlab.system.mixin.Propagates は、System object™ の出力サイズ、データ型および実数/複素数を定義します。MATLAB System (Simulink) ブロックを介して Simulink® に System object を含める場合は、この mixin クラスとそのメソッドを使用します。mixin は MATLAB System ブロックによって、Simulink モデルのコンパイル中に呼び出されます。

メモ

System object に入力が 1 つのみ、出力が 1 つのみ存在して離散プロパティ状態がない場合またはバス サポートが不要な場合は、上記メソッドのいずれも実装する必要はありません。このような場合は、matlab.system.mixin.Propagates によって既定値が提供されます。

Simulink が入力から出力仕様を直接推測できない場合またはバスをサポートする場合に、このクラスのメソッドを実装します。この mixin を含めない場合、Simulink は出力またはバス データ型を伝播できず、エラーが発生します。

この mixin を使用するには、matlab.System 基底クラスからのサブクラス化に加え、この matlab.system.mixin.Propagates からのサブクラス化を行います。クラス定義ファイルの最初の行として次の構文を入力します。ObjectName は System object の名前です。

classdef ObjectName < matlab.System &...
    matlab.system.mixin.Propagates

matlab.system.mixin.Propagates クラスは handle クラスです。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2020a 以降は非推奨

R2014a で導入