ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.LogRecord クラス

パッケージ: matlab.net.http

HTTP 履歴のログ レコード

説明

LogRecord オブジェクトのベクトルは、RequestMessage.send など、HTTP 操作中にクライアントとサーバー間で交換された要求と応答のメッセージのペアの履歴を表します。send メソッドは履歴を出力引数として返します。エラーが発生すると、HTTPException オブジェクトに History プロパティが含まれます。

LogRecord クラスはデバッグに使用します。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

要求の URI。matlab.net.URI オブジェクトとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

要求メッセージ。matlab.net.http.RequestMessage オブジェクトとして指定します。MATLAB® が要求メッセージのヘッダーを送信しようとした場合には、ペイロードの送信処理中に例外が発生した場合でも、Request に値が含まれます。例外が発生した場合、Exception プロパティには MException が含まれます。

要求メッセージの本文がある場合は、Request.Body プロパティに含まれます。Request.Body.Payload プロパティは、HTTPOptions オブジェクトで SavePayload プロパティを指定した場合にのみ設定されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

要求メッセージの開始時間と終了時間。datetime オブジェクトのペアとして指定します。Request プロパティが設定されている場合にのみ RequestTime に値が含まれます。

RequestTime 値は、要求メッセージのペイロードも含めた最初と最後のバイトが送信されたおよその時間です。伝送中に例外が発生した場合、終了時間は例外の時間で、Exception プロパティに MException が含まれます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: datetime

応答メッセージ。matlab.net.http.ResponseMessage オブジェクトとして指定します。ペイロードの受信中に例外が発生した場合でも、応答の完全なヘッダーが正常に受信された場合にのみ、Response に値が含まれます。要求の送信中またはヘッダーの受信中に例外が発生した場合、Response は空になることがあります。例外が発生した場合、Exception プロパティには MException オブジェクトが含まれます。

HTTPOptions オブジェクトで SavePayload プロパティが指定され、応答に本文がある場合、Response.Body プロパティが設定されます。Response.Body が設定されると、Response.Body.Payload プロパティも設定されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

応答メッセージの開始時間と終了時間。datetime オブジェクトのペアとして指定します。Response プロパティが設定されている場合にのみ、ResponseTime に値が含まれます。

ResponseTime 値は、応答メッセージの最初と最後のバイトが受信されたおよその時間です。受信中に例外が発生した場合、終了時間は例外の時間で、Exception プロパティに MException オブジェクトが含まれます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: datetime

交換の破棄。交換の結果を示す matlab.net.http.Disposition 列挙型として指定します。Disposition 値が Done の場合、Exception プロパティが空になり、LogRecord のすべてのフィールドに最終値が含まれます。

Disposition のいくつかの値で、例外が Exception プロパティに保存されたことが示されます。例外が発生すると、Response プロパティまたは Request プロパティが設定されないことがあります。これらの値がいつ設定されるかは、例外がヘッダーまたはペイロードの伝送前あるいは伝送中に発生したかによって異なります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

例外。交換処理中に発生した MException オブジェクトとして指定します。エラーが応答の伝送、受信または処理中に発生した場合、このプロパティは例外を含む MException になります。Disposition プロパティの値によって、このプロパティが設定されるかどうかが決まります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メソッド

すべて展開する

R2016b で導入