最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

resolve

クラス: matlab.io.datastore.DsFileSet
パッケージ: matlab.io.datastore

ファイルセット オブジェクト内のすべてのファイルの情報

構文

allFilesInfo = resolve(fs)

説明

allFilesInfo = resolve(fs) は、ファイルセット オブジェクト fs からすべてのファイルのファイル情報を返します。

入力引数

すべて展開する

入力ファイルセット オブジェクト。matlab.io.datastore.DsFileSet オブジェクトとして指定します。DsFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.DsFileSet を参照してください。

出力引数

すべて展開する

ファイル セット内のすべてのファイルのファイル情報。table として返されます。この table には、FileNameFileSize の列があります。

すべてのファイルのファイル情報を取得

ファイルセット オブジェクトを作成し、ファイルセット オブジェクトのすべてのファイルの情報を同時に取得します。

フォルダー内のすべての .mat ファイルについて、ファイルセット オブジェクトを 1 つ作成します。

folder = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos');  
fs = matlab.io.datastore.DsFileSet(folder,'FileExtensions','.mat');

resolve を使用してすべてのファイルの情報を含む table を取得します。この table には、FileNameFileSize の列があります。

allfiles = resolve(fs);

R2017b で導入