最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

reset

クラス: matlab.io.datastore.DsFileSet
パッケージ: matlab.io.datastore

ファイルセット オブジェクトのリセット

構文

reset(fs)

説明

reset(fs) は、ファイルセット オブジェクト fs をファイルの読み取り前の状態にリセットします。リセットにより、同じファイルセット オブジェクトからの読み取りが可能になります。

入力引数

すべて展開する

入力ファイルセット。DsFileSetFileSet、または BlockedFileSet オブジェクトとして指定します。DsFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.DsFileSet を参照してください。FileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.FileSet を参照してください。BlockedFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.BlockedFileSet を参照してください。

ファイルセット オブジェクトのリセット

ファイルセット オブジェクトを作成し、そのファイルセット オブジェクトからファイル情報を取得してから、ファイルセット オブジェクトを元の状態にリセットします。

demos フォルダー内のすべての .mat ファイルについて、ファイルセット オブジェクトを 1 つ作成します。

folder = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos');
fs = matlab.io.datastore.DsFileSet(folder,...
                 'IncludeSubfolders',true,...
                 'FileExtensions','.mat');

ファイルセット オブジェクト内にファイルがある間に、一度に 1 ファイルずつファイル情報を取得します。

while hasfile(fs)
   file = nextfile(fs);
end

nextfile の処理により、ファイルセット オブジェクト内の位置ポインターが変更されます。最初のファイルの情報を取得するには、まずファイルセット オブジェクトの reset を実行しなければなりません。

reset(fs);
fTable1 = nextfile(fs); % first file information

R2017b で導入