Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hasfile

クラス: matlab.io.datastore.DsFileSet
パッケージ: matlab.io.datastore

ファイルセット オブジェクト内に使用できるファイルがさらにあるかどうかを判別

構文

tf = hasfile(fs)

説明

tf = hasfile(fs) は、fs で指定された DsFileSet オブジェクト内に処理できるファイルがさらにある場合に logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

入力引数

すべて展開する

入力ファイル セット。matlab.io.datastore.DsFileSet オブジェクトとして指定します。DsFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.DsFileSet を参照してください。

例: hasfile(fs)

ファイルセット オブジェクトにファイルがさらにあるかどうかをチェック

ファイルセット オブジェクトを作成し、ファイルセット オブジェクトにファイルがあるかどうかをチェックしてから、データを反復的に読み取ります。

demos フォルダー内のすべての .mat ファイルについて、ファイルセット オブジェクトを 1 つ作成します。

folder = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos');
fs = matlab.io.datastore.DsFileSet(folder,...
                 'IncludeSubfolders',true,...
                 'FileExtensions','.mat');

hasfile メソッドを使用して、ファイルセット オブジェクトに読み取るファイルがさらにあるかどうかをチェックします。ファイルがファイルセット オブジェクトにある間に、一度に 1 ファイルずつファイル情報を取得します。

while hasfile(fs)
   file = nextfile(fs);
end

R2017b で導入