ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mapreducer

mapreduce または tall 配列の実行環境の定義

説明

引数を指定せずに mapreducer を使用すると、グローバル実行環境が既定 (Parallel Computing Toolbox™ が利用可能な場合は並列プール、それ以外の場合は MATLAB® セッション) に設定されます。mapreducer はコンフィギュレーション関数で、MATLAB が mapreduce アルゴリズムと tall 配列計算を実行する方式を変更します。この関数を使用して、Parallel Computing Toolbox、MATLAB Parallel Server™ または MATLAB Compiler™ を使用するための実行環境の設定、変更または保存を行います。Parallel Computing Toolbox がインストールされている場合、関数 tall または関数 mapreduce を使用すると、既定の設定を変更していない限り、ワーカーの並列プールが MATLAB により自動的に開始されます。

メモ

利用可能なツールボックスがない場合、mapreduce アルゴリズムと tall 配列計算はローカル MATLAB セッションを使用して自動的に実行されるため、これらの機能を使用するために mapreducer を使用してコンフィギュレーション設定を指定する必要はありません。ただし、Parallel Computing Toolbox、MATLAB Parallel Server または MATLAB Compiler がある場合、並列実行または導入された環境向けに追加の mapreducer コンフィギュレーション オプションを利用できます。

詳細については、Parallel Computing Toolbox ドキュメンテーションの mapreducer または MATLAB Compiler ドキュメンテーションの mapreducer を参照してください。

mapreducer(0) は、グローバル実行環境をローカルの MATLAB セッションに設定します。

mapreducer(mr) は、以前に作成した MapReducer オブジェクト mr を使用して、グローバル実行環境を設定します。

mr = mapreducer(___) はさらに、前述の構文のいずれかを使用して MapReducer オブジェクトを返します。実行環境を明示的に指定する場合は、mapreduce の 4 番目の入力引数として mr を使用できます。

mr = mapreducer(___,'ObjectVisibility','Off') は MapReducer オブジェクト mr の可視性を切り替えます。グローバル実行環境に影響を与えないように、この構文を使って新しい MapReducer オブジェクトを作成してください。

すべて折りたたむ

コマンド

mapreducer

は、Parallel Computing Toolbox が使用可能な場合、並列プールを開始します。それ以外の場合は、実行環境はローカル MATLAB セッションに設定されます。

MATLAB にローカル セッションを使用させるには次のコマンドを使用します。

mapreducer(0)

現在のグローバル実行環境をクエリするには、次のコマンドを使用します。

gcmr

出力引数

すべて折りたたむ

実行環境。MapReducer オブジェクトとして返されます。

mrObjectVisibility プロパティが 'On' (既定値) に設定されている場合、mr はすべての mapreduce アルゴリズムと tall 配列計算の実行環境を定義します。任意で mr を関数 mapreduce に渡すことで、ObjectVisibility プロパティが 'Off' に設定されていても実行環境を明示的に指定できます。

ヒント

  • tall 配列を扱うときには、mapreducer を使用して実行環境を設定してから tall 配列を tall(ds) で作成します。tall 配列は、作成された時点の現在のグローバル実行環境にバインドされます。グローバル実行環境が後で変更された場合、tall 配列は無効になり再構成しなければなりません。

R2014b で導入