Main Content

mapreducer

mapreduce の配布実行を定義

説明

この関数を MATLAB® Compiler™ で使用して、Hadoop® 上で実行するスタンドアロン アプリケーションの実行環境に関する情報を指定します。

mapreducer(config) は実行環境を指定します。Hadoop 用のスタンドアロン アプリケーションを配布する場合、configmatlab.mapreduce.DeployHadoopMapReducer クラスのオブジェクトです。

mr = mapreducer(config) は実行環境を指定する MapReducer オブジェクトを返します。MapReducer オブジェクトは複数定義でき、このオブジェクトの 1 つを入力引数として mapreduce に渡すことにより実行環境を入れ替えることができます。

配布モードでの mapreducer オブジェクトの作成

mr = mapreducer(...
    matlab.mapreduce.DeployHadoopMapReducer('MCRRoot',...
    '/hd-shared/hadoop-2.2.0/MCR/v84'))

入力引数

すべて折りたたむ

matlab.mapreduce.DeployHadoopMapReducer オブジェクトとして指定され、配布先環境で実行する mapreducer オブジェクト.

例: config = mapreducer(matlab.mapreduce.DeployHadoopMapReducer('MCRRoot','/hd-shared/hadoop-2.2.0/MCR/v84'))

出力引数

すべて折りたたむ

mapreducer オブジェクトとして返される mapreduce の実行環境。

ヒント

  • mapreducer および mapreducer(0) は、使用製品に基づく異なる構成の利用を可能にします。MATLAB では、SerialMapReducer を使用して関数 mapreduce が自動実行されます。詳細については、mapreducer を参照してください。

    Parallel Computing Toolbox™ をお持ちの場合、詳細については mapreducer (Parallel Computing Toolbox) の関数リファレンス ページを参照してください。

バージョン履歴

R2014b で導入