ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gcmr

現在の mapreducer 構成の取得

説明

mr = gcmrmapreduce の現在のグローバル実行環境を表すオブジェクトを返します。

  • グローバル実行環境が存在しない場合、gcmrmapreducer を呼び出してグローバル実行環境を既定値に設定します。

  • グローバル実行環境が現在存在する場合、gcmr は最後に作成された可視の MapReducer オブジェクトを返します。

    mapreducer を使用して MapReducer オブジェクトを作成するときに、そのオブジェクトがグローバル実行環境を設定します。グローバル実行環境を表すそのオブジェクトが後で削除された場合でも、グローバル実行環境は維持されます。

  • グローバル実行環境が削除されているか無効の場合、gcmr は次に利用可能な可視の MapReducer オブジェクトを返します。たとえば、delete(gcmr) は現在のグローバル実行環境を削除します。

関数 gcmrmapreduce のグローバル実行環境を定義します。この関数は Parallel Computing Toolbox™、MATLAB® Parallel Server™ または MATLAB Compiler™ と共によく使用されます。

mapreduce を呼び出すときに使用する構成を指定しない場合、既定では mapreducegcmr から返された (または生成された) 構成を使用します。

mr = gcmr('nocreate') は、mapreduce が既に存在する場合は、その現在のグローバル実行環境を返します。グローバル実行環境が存在しない場合、gcmr[] を返します。

ヒント

  • Parallel Computing Toolbox をお持ちの場合、関連情報については、関数 mapreducer のリファレンス ページを参照してください。

  • MATLAB Compiler をお持ちの場合、関連情報については、関数 mapreducer のリファレンス ページを参照してください。

R2014b で導入