Main Content

Hadoop クラスターでのスタンドアロン MATLAB MapReduce アプリケーションの実行

スタンドアロンの MATLAB® mapreduce アプリケーションを作成し、Hadoop® クラスターで実行する

スタンドアロンの MATLAB mapreduce アプリケーションは、Hadoop クラスターで独立して実行するために必要なコンポーネントをすべて網羅した、自己完結型アプリケーションです。以下が含まれています。

  • MATLAB で作成された 1 つ以上のマッパー関数。

  • MATLAB で作成されたリデューサー関数。

  • マッパー関数およびリデューサー関数を呼び出す MATLAB アプリケーション スクリプトまたは関数。

すべてのコンポーネントは、Hadoop クラスターで実行される 1 つのスタンドアロン アプリケーションにパッケージ化されます。スタンドアロン アプリケーションは、アプリケーション コンパイラ アプリを使用するか、MATLAB コマンド プロンプトで mcc コマンドを使用してパッケージ化できます。

詳細については、コンパイルされたスタンドアロン アプリケーションを Hadoop クラスターで実行するワークフローを参照してください。

関数

deploytoolアプリケーション デプロイ アプリのリストを開く
mccデプロイする MATLAB 関数のコンパイル
mapreduceメモリに収まらないデータセットを解析するプログラミング手法
mapreducermapreduce の配布実行を定義

クラス

matlab.mapreduce.DeployHadoopMapReducerHadoop 用にデプロイする MapReduce アプリケーションを構成

トピック