ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

javaaddpath

動的 Java クラス パスへのエントリの追加

構文

javaaddpath(dpath)
javaaddpath(dpath,'-end')

説明

javaaddpath(dpath) は、1 つ以上のフォルダーまたは Java® アーカイブ (JAR) ファイルを現在の動的クラス パスの最初に追加します。独自の Java クラスを開発およびデバッグするときは動的パスを使用します。

javaaddpath コマンドは動的クラス パス上のファイルによって定義されるすべての Java クラスの定義をクリアします。

javaaddpath(dpath,'-end') は、ファイルまたはフォルダーをパスの最後尾に追加します。

すべて折りたたむ

現在の動的パスを表示します。出力には構成が反映されています。

javaclasspath('-dynamic')
		DYNAMIC JAVA PATH

    <empty>

現在のフォルダーを追加します。

javaaddpath(pwd)

更新された動的パスを表示します。出力には現在のフォルダーが反映されています。

p = javaclasspath
p = 
    'c:\work\Java'
javaaddpath('http://www.example.com','-end')
p = javaclasspath
p = 
    'c:\work\Java'
    'http://www.example.com'

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダーまたは JAR ファイル。string、string の配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定し、動的パスに追加します。文字列または文字列の cell 配列として指定し、動的パスに追加します。フォルダーをパスへ追加すると、MATLAB® はパスの一部としてそのフォルダーのすべてのファイルを含めます。

データ型: char | cell

制限

  • MATLAB は、MATLAB Compiler SDK™ 製品によって生成された JAR ファイルをサポートしません。

ヒント

  • 独自の Java クラスを開発する際には動的パスを使用します。Java クラスを開発してデバッグした後、クラスを静的パスに追加します。詳細については、javaclasspath を参照してください。

  • 起動時に MATLAB が読み込む静的パスにフォルダーを追加するには、javaclasspath.txt ファイルを作成します (静的パスを参照)。

  • javaaddpath により、Not clearing Java というメッセージが表示される場合、動的パスは更新されますが、clear java と入力することが必要となる場合があります。これにより、MATLAB は新しい Java クラスを検出します。

R2006a より前に導入