ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Java クラス パス

MATLAB® で Java® クラスを利用できるようにするには、それらを "Java クラス パス" 上に配置します。クラス パスとは、一連のファイルとフォルダーの指定です。Java クラスを読み込む際、MATLAB はクラス パスに配置されている順序でファイルとフォルダーを検索します。MATLAB がクラス定義を含むファイルを見つけると、検索は終了します。

Java 標準ライブラリのクラスである組み込み Java クラス パッケージは、既にクラス パス上にあります。これらのクラスにアクセスするためにパスを変更する必要はありません。

MATLAB から Java クラスにアクセスするには、これらのクラスをクラス パスに追加します。詳細と例については、静的パスを参照してください。

  • JAR ファイル クラス

  • パッケージ

  • 個々の (パッケージ化されていない) クラス

MATLAB は、Java クラス パスを "静的パス""動的パス" に分けます。MATLAB は、動的パスの前に静的パスを検索します。

  • Java クラスを読み込むための既定のパスとして静的パスを使用します。

  • 独自の Java クラスを開発するときは、動的クラス パスを使用します。動的パスは MATLAB セッション中にいつでも変更したり読み込んだりすることができます。

Java クラス パスのオプションアクション

クラス パスを表示する

関数 javaclasspath を呼び出します。

ファイルを静的パスに追加する

javaclasspath.txt という名前の ASCII テキスト ファイルを設定フォルダーに作成します。詳細と例については、静的パスを参照してください。

動的パスに対してファイルを追加または削除する

関数 javaclasspathjavaaddpath または javarmpath を呼び出します。これらの関数はワークスペース内の既存の変数とグローバル変数をすべてクリアします。詳細については、動的パスを参照してください。

"ネイティブ メソッド" ライブラリ用に検索パスを拡張する

javalibrarypath.txt という名前の ASCII テキスト ファイルを設定フォルダーに作成します。詳細については、ネイティブ メソッド ライブラリの特定を参照してください。

参考

関連する例

詳細