ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

独自の Java クラスのメソッドの呼び出し

新しい Java® クラスおよび既存クラスのサブクラスを定義するには、MATLAB® の外部で Java 開発キットを使用します。サポートされる JDK™ ソフトウェアのバージョンの詳細については、Web サイトの「MATLAB Supported Language Interfaces」を参照してください。

.java ファイルにクラス定義を作成後、Java コンパイラを使用して .class ファイルを生成します。次の手順では、これらの .class ファイルのクラス定義を MATLAB で使用可能な状態にします。

この例では、独自の Java クラスのメソッドを呼び出す方法を説明します。例で使用するクラス ファイルは myclass.class という名前で、メソッド package.myclass.mymethod(params) を含み、フォルダー C:\Documents\MATLAB\ に配置されています。

クラス ファイルを動的な Java クラス パスに配置し、現在の MATLAB セッションのみでクラスを使用できるようにします。MATLAB の提供する動的パスは、独自の Java クラスを開発する際に便利です。

  • クラスを動的な Java クラス パスに追加します。クラスにアクセスするには、MATLAB を起動するたびに Java パスを変更しなければなりません。

    javaaddpath('C:\Documents\MATLAB\')
  • メソッドを呼び出します。独自のクラス ファイル名とパスで置き換え、適切なパラメーター リストを用いてメソッドを呼び出してください。

    package.myclass.mymethod(params)
  • このクラスを MATLAB で常に使用できるようにします。prefdir フォルダーの javaclasspath.txt ファイルを編集して静的クラス パスに追加します。

参考

関連するトピック

外部の Web サイト