ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ismatrix

入力が行列かどうかを判別

説明

TF = ismatrix(A) は、A が行列の場合は logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。行列とは、サイズが m 行 n 列の 2 次元配列です。ここで、m と n は非負の整数です。

すべて折りたたむ

異なるサイズの配列が行列かどうかを判別します。

サイズが 1 行 3 列の配列を作成します。行列かどうかを判別します。

A1 = zeros(1,3);
TF = ismatrix(A1)
TF = logical
   1

サイズが 0 行 3 列の空配列を作成します。行列かどうかを判別します。空の 2 次元配列は行列です。

A2 = zeros(0,3);
TF = ismatrix(A2)
TF = logical
   1

サイズが 1 x 3 x 2 の配列を作成します。行列かどうかを判別します。3 次元配列は行列ではありません。

A3 = zeros(1,3,2);
TF = ismatrix(A3)
TF = logical
   0

3 次元配列を作成して、配列要素が行列かどうかを判別します。

最初に、サイズが 2 行 3 列の 2 次元配列を定義します。行列かどうかを判別します。

A = [0.1 0.2 0.5; 0.3 0.6 0.4]
A = 2×3

    0.1000    0.2000    0.5000
    0.3000    0.6000    0.4000

TF = ismatrix(A)
TF = logical
   1

3 次元配列を作成するには、配列 A に 3 番目の次元を加えます。インデックス値 2 を使用して A の 3 番目の次元に別の 2 行 3 列の行列を割り当てます。

A(:,:,2) = ones(2,3)
A = 
A(:,:,1) =

    0.1000    0.2000    0.5000
    0.3000    0.6000    0.4000


A(:,:,2) =

     1     1     1
     1     1     1

サイズが 2 x 3 x 2 の 3 次元配列が行列かどうかをチェックします。

TF = ismatrix(A)
TF = logical
   0

ここで、A の配列要素が行列かどうかを判別します。3 次元配列の 2 ページ目が行列かどうかをチェックします。構文 A(:,:,2) は最初と 2 番目の次元でコロンを使用し、すべての行とすべての列にアクセスします。

TF = ismatrix(A(:,:,2))
TF = logical
   1

3 次元配列の 2 行目が行列かどうかをチェックします。構文 A(2,:,:) は 2 番目と 3 番目の次元でコロンを使用し、すべての列とすべてのページを含めます。

TF = ismatrix(A(2,:,:))
TF = logical
   0

A(:,:,2) はサイズが 2 行 3 列の多次元配列であるため、行列です。ただし、A(2,:,:) はサイズが 1 x 3 x 2 の多次元配列であるため、行列ではありません。

文字の配列を作成します。行列かどうかを判別します。

A = 'Hello, World!';
TF = ismatrix(A)
TF = logical
   1

size を使用して A の次元をチェックします。A はサイズが 1 行 13 列の行列です。

size(A)
ans = 1×2

     1    13

ここで、テキストを二重引用符で囲むことで string スカラーを作成します。

A = "Hello, World!";

サイズが 1 行 1 列のスカラー A も行列かどうかを判別します。

TF = ismatrix(A)
TF = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2010b で導入