ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

idivide

丸めオプションを使用した整数の除算

説明

C = idivide(A,B) は、A の各要素を B の対応する要素で除算し、ゼロ方向の最も近い整数に丸められます。A および B には実数が含まれていなければならず、それらの少なくとも 1 つは整数クラスに属していなければなりません。

  • A および B が配列である場合、それらは同じ整数クラスに属さなければならず、互換性のあるサイズでなければなりません。

  • A または B が double 型のスカラーである場合、その他の入力は整数クラスでなければなりませんが、int64 または uint64 であってはなりません。すると、関数 idivideC を同じ整数クラスとして返します。

C = idivide(A,B,opt) は、'fix''floor''ceil' または 'round' の代替の丸めオプションを指定します。たとえば、idivide(A,B,'ceil') は、商を正の無限大方向に最も近い整数に丸めます。既定の丸めオプションは 'fix' です。

すべて折りたたむ

整数配列 A および整数スカラー B を作成します。A の各要素を B で除算し、ゼロ方向の最も近い整数に丸めます。

A = int16([-7 -4 7 11]);
B = int16(10);
C = idivide(A,B)
C = 1x4 int16 row vector

   0   0   0   1

2 つの整数配列 A および B を作成します。A の各要素を B の対応する要素で除算し、ゼロ方向の最も近い整数に丸めます。

A = int64([-2 3]);
B = int64([3 5]);
C = idivide(A,B)
C = 1x2 int64 row vector

   0   0

double 型のスカラー A および整数配列 B を作成します。既定の丸めオプション 'fix' を使用して AB の各要素で除算します。

A = 2.0;
B = int32([-3 3 4]);
C = idivide(A,B)
C = 1x3 int32 row vector

   0   0   0

結果を他の丸めオプションと比較します。

C = idivide(A,B,'floor')
C = 1x3 int32 row vector

   -1    0    0

C = idivide(A,B,'ceil')
C = 1x3 int32 row vector

   0   1   1

C = idivide(A,B,'round')
C = 1x3 int32 row vector

   -1    1    1

入力引数

すべて折りたたむ

分子。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。整数入力 A および B は、同じサイズであるか、互換性のあるサイズでなければなりません。たとえば、AMN 列の行列であり、B はスカラーまたは 1N 列の行ベクトルです。詳細については、基本的な演算で互換性のある配列サイズを参照してください。

A が double 型のスカラーである場合、B は整数クラスでなければなりませんが、int64 または uint64 であってはなりません。

データ型: double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

分母。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。整数入力 A および B は、同じサイズであるか、互換性のあるサイズでなければなりません。たとえば、AMN 列の行列であり、B はスカラーまたは 1N 列の行ベクトルです。詳細については、基本的な演算で互換性のある配列サイズを参照してください。

B が double 型のスカラーである場合、A は整数クラスでなければなりませんが、int64 または uint64 であってはなりません。

データ型: double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

丸めオプション。'fix''floor''ceil' または 'round' として指定します。

  • 'fix' は、ゼロ方向の最も近い整数に丸めます。これは、小数点以下の桁を削除するのと同等です。

  • 'floor' は、負の無限大方向に最も近い整数に丸めます。

  • 'ceil' は、正の無限大方向に最も近い整数に丸めます。

  • 'round' は、最も近い整数に丸めます。要素の小数部が厳密に 0.5 の場合、これはゼロ方向とは反対の絶対値が大きい方の整数に丸めます。

出力引数

すべて折りたたむ

整数の解。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として返されます。A または B のいずれかが整数データ型の場合、C は同じ整数データ型になる。

データ型: int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ヒント

  • 整数データ型の場合、関数 idivide(A,B,'round')A./B および B.\A と同じです。引数 opt は、整数の除算時の A./B および B.\A の丸めオプションを提供します。

  • MATLAB® は複素数の整数除算をサポートしていません。

拡張機能

R2006a で導入