ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ginput

座標軸上の座標の特定

説明

[x,y] = ginput(n) を使用すると、n 点の座標を特定できます。点を選択するには、カーソルを目的の位置に移動し、マウス ボタンまたはキーボードのキーを押します。n 点すべてを選択する前に停止するには、Return キーを押します。MATLAB® は選択した点の座標を返します。現在の座標軸がない場合、ginput を呼び出すと、直交座標軸のセットが作成されます。

[x,y] = ginput を使用すると、Return キーを押すまで、無制限の数の点を選択できます。

また、[x,y,button] = ginput(___) を使用すると、各点の選択に使用したマウス ボタンまたはキーボードのキーが返されます。

すべて折りたたむ

ginput を使用して、座標軸のセットにある 4 つの点を特定します。各点を選択するには、カーソルを目的の位置に移動して、マウス ボタンまたはキーを押します。

[x,y] = ginput(4)

x =

    0.3699
    0.4425
    0.5450
    0.6130


y =

    0.6690
    0.5605
    0.4719
    0.6025

点をプロットします。

plot(x,y);

ginput を使用して、座標軸のセットにある 5 つの座標を特定します。各点を選択するには、カーソルを目的の位置に移動し、マウス ボタン、小文字、大文字、数字、またはスペース バーを押します。各点を選択するために使用したマウス ボタン、またはキーの ASCII 番号を返します。

[x,y,button] = ginput(5);
button
button =

     3
   104
    32
    51
    82

この例の座標の特定には、マウスの右ボタン (3)、小文字 h (104)、スペース バー (32)、数字 3 (51)、大文字 R (82) が使用されました。

地理座標軸を作成し、4 点の緯度座標と経度座標を特定します。その後、特定した点をプロットします。

geoaxes;
[lat,lon] = ginput(4);

hold on コマンドと関数 geolimits を使用して、マップの範囲を維持します。特定した点をプロットします。

hold on
geolimits('manual')
geoscatter(lat,lon,'filled','b')

入力引数

すべて折りたたむ

特定する点の数。正の整数として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

特定した座標の最初の成分。スカラーまたは列ベクトルとして返されます。

  • 現在の座標軸が直交座標系の場合、値は x 座標です。

  • 現在の座標軸が地理座標軸の場合、値は緯度です。正の値は北緯、負の値は南緯に対応します。

座標軸の範囲外の点を選択した場合でも、値は座標軸の原点を基準にして返されます。

特定した座標の 2 番目の成分。スカラーまたは列ベクトルとして返されます。

  • 現在の座標軸が直交座標系の場合、値は y 座標です。

  • 現在の座標軸が地理座標軸の場合、値は経度です。正の値は原点の東側の位置、負の値は原点の西側の位置に対応します。

座標軸の範囲外の点を選択した場合でも、値は座標軸の原点を基準にして返されます。

点の特定に使用したキーまたはマウス ボタン。スカラーまたは列ベクトルとして返されます。マウス ボタンは、左ボタンが 1、中央ボタンが 2、右ボタンが 3 でそれぞれ表されます。キーボードのキーは、対応する ASCII 番号で表されます。画面上のタップは 1 で表されます。

参考

関数

R2006a より前に導入