ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GetCharArray

オートメーション サーバーからの文字配列

概要

IDL メソッド シグネチャ

HRESULT GetCharArray([in] BSTR varName, [in] BSTR Workspace,  
[out, retval] BSTR *mlString)

Microsoft Visual Basic クライアント

GetCharArray(varname As String, workspace As String) As String

MATLAB クライアント

str = GetCharArray(h,'varname','workspace')

説明

str = GetCharArray(h,'varname','workspace') はハンドル h に接続したサーバーの指定 workspace から変数 varname に格納された文字配列を取得し、str に返します。workspace の値は base または global です。

すべて折りたたむ

この例では、MATLAB® と Visual Basic® .NET クライアントの間で文字データを渡す方法を示します。次のコードを使用してアプリケーションを作成します。

type getchararray.vb
Dim Matlab As Object
Dim S As String
Matlab = CreateObject("matlab.application")
MsgBox("In MATLAB, type" & vbCrLf _
    & "str='new text';")
Try
    S = Matlab.GetCharArray("str", "base")
    MsgBox("str = " & S)
Catch ex As Exception
    MsgBox("You did not set 'str' in MATLAB")
End Try

MATLAB ウィンドウを開いて、次のように入力します。

str='new text';

[OK] をクリックします。Visual Basic の MsgBox コマンドを使用すると、MATLAB で入力した内容が表示されます。

この例では、MATLAB® と VBA クライアントの間で文字データを渡す方法を示します。次のコードを使用してアプリケーションを作成します。

type getchararray.vba
Dim Matlab As Object
Dim S As String
Set Matlab = CreateObject("matlab.application")
MsgBox("In MATLAB, type" & vbCrLf & "str='new text';")
S = Matlab.GetCharArray("str", "base")
MsgBox("str = " & S)

MATLAB ウィンドウを開いて、次のように入力します。

str='new text';

[OK] をクリックします。VBA の MsgBox コマンドを使用すると、MATLAB で入力した内容が表示されます。

R2006a より前に導入