ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

COM 型から MATLAB 型への変換

次の表は、MATLAB® による COM アプリケーションから MATLAB 型へのデータ変換方法を示しています。

COM バリアント型

説明

MATLAB 型

VT_DISPATCH

IDispatch *

handle
VT_LPWSTR
VT_LPSTR
VT_BSTR
VT_FILETIME
VT_ERROR
VT_DECIMAL
VT_CLSID
VT_DATE
null で終了するワイド文字列
null 終端文字列
OLE オートメーション文字列
FILETIME
SCODE
16 バイトの固定小数点
クラス ID
日付
文字ベクトル
VT_INT
VT_UINT
VT_I2
VT_UI2
VT_I4
VT_UI4
VT_R4
VT_R8
VT_CY
signed machine int
unsigned machine int
2 バイト signed int
unsigned short
4 バイト signed int
unsigned long
4 バイト real
8 バイト real
通貨
double
VT_I8signed int64int64
VT_UI8unsigned int64uint64
VT_BOOL  logical
VT_I1
VT_UI1
signed char
unsigned char
char
VT_VARIANT
VT_USERDEFINED
VT_ARRAY
VARIANT *
ユーザー定義型
SAFEARRAY*
variant
VT_VARIANT | VT_BYREF VARIANT *
void* (ローカルで使用される場合)
variant(pointer)
VT_SAFEARRAYVARIANT では VT_ARRAY を使用SAFEARRAY
VT_SAFEARRAY | VT_BYREF SAFEARRAY(pointer)

参考