ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PutWorkspaceData

オートメーション サーバー ワークスペースのデータ

概要

IDL メソッド シグネチャ

PutWorkspaceData([in] BSTR varname, [in] BSTR workspace,
[in] VARIANT data)

Microsoft Visual Basic クライアント

PutWorkspaceData(varname As String, workspace As String,
data As Object)

MATLAB クライアント

PutWorkspaceData(h,'varname','workspace',data)

説明

PutWorkspaceData(h,'varname','workspace',data) は、ハンドル h に接続したサーバーの workspacedata を格納し、varname に割り当てます。workspace の値は base または global です。

PutWorkspaceData を使用して、数値および文字の配列データをそれぞれサーバーに渡します。PutWorkspaceData はスパース配列、構造体、または関数ハンドルには使用しないでください。これらのデータ型には Execute メソッドを使用します。

関数 GetWorkspaceDataPutWorkspaceData は、variant データ型として数値データを渡します。VBScript は関数 GetFullMatrix および PutFullMatrix に使用される safearray データ型をサポートしないため、これらの関数は特に VBScript クライアントに対して有用です。

すべて折りたたむ

この例では、Visual Basic .NET アプリケーションに配列を作成し、MATLAB で表示します。

次のコードを使って Visual Basic .NET クライアントを作成します。

type putworkspacedata.vb
Dim Matlab As Object 
Dim data(6) As Double 
Dim i As Integer 
Matlab = CreateObject("matlab.application") 
For i = 0 To 6 
    data(i) = i * 15 
Next i 
Matlab.PutWorkspaceData("A", "base", data) 
MsgBox("In MATLAB, type" & vbCrLf & "A") 

この例では、VBA アプリケーションで配列を作成し、MATLAB で表示します。

次のコードで VBA クライアントを作成します。

type putworkspacedata.vba
Dim Matlab As Object 
Dim data(6) As Double 
Dim i As Integer 
Set Matlab = CreateObject("matlab.application") 
For i = 0 To 6 
    data(i) = i * 15 
Next i 
Matlab.PutWorkspaceData("A", "base", data) 
MsgBox("In MATLAB, type" & vbCrLf & "A") 

R2006a より前に導入