Main Content

diary

コマンド ウィンドウ テキストをファイルに記録

説明

diary は、ログのオンとオフを切り替えます。ログがオンの場合、MATLAB® はコマンド ウィンドウの入力コマンド、キーボード入力およびテキスト出力をキャプチャします。結果のログは、diary という名前の UTF-8 でエンコードされたファイルとして現在のフォルダーに保存されます。すべての結果が適切に取得されたことを確認するには、結果のログを開いたり表示したりする前にログを無効にします。

ログがオンかどうかを確認するには、get(0,'Diary') と入力します。MATLAB は、'on''off' のいずれかを返します。

diary filename は、filename に結果のログを保存します。ファイルが存在する場合、MATLAB はテキストをそのファイルの最後に追加します。現在の diary ファイルの名前を確認するには、get(0,'DiaryFile') と入力します。

diary off はログを無効にします。

diary on は、現在の diary ファイル名を使用してログを有効にします。

すべて折りたたむ

ダイアリ ファイルを作成し、いくつかのステートメントとその出力を記録します。

ログを有効にし、結果のログを myDiaryFile に保存します。

diary myDiaryFile

計算を実行し、コマンド ウィンドウで要素が 1 の行列を作成して表示します。

a = 1;
b = sin(a);

x = ones(4)
x =

     1     1     1     1
     1     1     1     1
     1     1     1     1
     1     1     1     1

ログを無効にし、コマンド ウィンドウにログ ファイルを表示します。

diary off
type myDiaryFile
a = 1;
b = sin(a);
x = ones(4)

x =

     1     1     1     1
     1     1     1     1
     1     1     1     1
     1     1     1     1

diary off

入力引数

すべて折りたたむ

ログ ファイル名。文字ベクトルまたは string として指定します。filename には絶対パスまたは現在のフォルダーからの相対パスを含めることができます。そうでない場合、MATLAB は、現在のフォルダーに filename を保存します。

制限

diary の出力はプレーン テキストであるため、ログ ファイルの内容は画面表示とまったく同じにならないことがあります。

  • ダイアリ ファイルには、グラフィックス (Figure ウィンドウ) が含まれません。

  • ダイアリ ファイルには、構文の強調表示およびフォント基本設定が保持されません。

  • ダイアリ ファイルでは、matlab: で生成されたハイパーリンク情報など、コマンド ウィンドウで非表示のコンポーネントがプレーン テキストで示されます。たとえば、コマンド ウィンドウで次のステートメントを入力します。

    str = sprintf('%s%s', ...
       '<a href="matlab:magic(4)">', ...
       'Generate magic square</a>');
    disp(str)
    

    MATLAB には、以下のように表示されます。

    ただし、ダイアリ ファイルをテキスト エディターで参照すると、次のように表示されます。

    str = sprintf('%s%s', ...
       '<a href="matlab:magic(4)">', ...
       'Generate magic square</a>');
    disp(str)
    <a href="matlab:magic(4)">Generate magic square</a>

ヒント

  • 構文を強調表示してダイアリ ファイルの内容を表示するには、関数 type を使用します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入