Main Content

bubblecloud

バブル クラウド チャートの作成

  • Bubble cloud

説明

テーブル データ

bubblecloud(tbl,szvar) は、table tbl のデータを使用してバブル クラウド チャートを作成します。szvar はバブル サイズを含む table 変数として指定します。たとえば、変数の名前または変数のインデックスを指定できます。

バブル クラウド チャートは、データ セットの要素とデータ セット全体の関係を示すのに便利です。たとえば、さまざまな都市から収集したデータを可視化し、各都市を、サイズがその都市の値に比例するバブルとして表すことができます。

bubblecloud(tbl,szvar,labelvar) は、バブルにラベルを表示します。labelvar はバブル ラベルを含む table 変数として指定します。

bubblecloud(tbl,szvar,labelvar,groupvar) は、バブルのグループ化データを指定します。グループは、複数のクラウドを異なる色で表示する場合に使用します。groupvar はグループ化データを含む変数として指定します。

ベクトル データ

bubblecloud(sz) は、ベクトルとして指定されたバブル サイズを使用してバブル クラウド チャートを作成します。

bubblecloud(sz,labels) は、バブルにラベルを表示します。labelssz と同じ長さの文字ベクトルの cell 配列または string ベクトルとして指定します。

bubblecloud(sz,labels,groups) は、バブルのグループ化データを指定します。グループは、複数のクラウドを異なる色で表示する場合に使用します。groupssz および labels と同じ長さのベクトルとして指定します。

追加オプション

bubblecloud(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値の引数を使用して、バブル クラウドの追加のプロパティを指定します。プロパティは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、BubbleCloud Properties を参照してください。

bubblecloud(parent,___) は、parent で指定された Figure、パネルまたはタブにバブル クラウドを作成します。

b = bubblecloud(___) は、BubbleCloud オブジェクトを返します。チャートのプロパティを作成後に変更するには、b を使用します。

すべて折りたたむ

3 つの変数をもつ table を作成します。たとえば、10 の州における誤ったラベルが付いたハロウィーンの衣装の数を示す table を作成します。販売された 10,000 個のプリンセスのキットのうち、1,000 個のキットに誤って不気味なモンスターのラベルが付いていました。

n = [58 115 81 252 180 124 40 80 50 20]';
loc = ["NJ" "NY" "MA" "OH" "NH" "ME" "CT" "PA" "RI" "VT"]';
plant = ["Plant A" "Plant A" "Plant A" "Plant A" ...
       "Plant A" "Plant A" "Plant A" "Plant B" "Plant B" "Plant B"]';
tbl = table(n,loc,plant,'VariableNames',["Mislabeled" "State" "Manufacturing Plant"])
tbl=10×3 table
    Mislabeled    State    Manufacturing Plant
    __________    _____    ___________________

        58        "NJ"          "Plant A"     
       115        "NY"          "Plant A"     
        81        "MA"          "Plant A"     
       252        "OH"          "Plant A"     
       180        "NH"          "Plant A"     
       124        "ME"          "Plant A"     
        40        "CT"          "Plant A"     
        80        "PA"          "Plant B"     
        50        "RI"          "Plant B"     
        20        "VT"          "Plant B"     

バブル クラウドを作成して、誤ったラベルの衣装を州別に可視化します。

bubblecloud(tbl,"Mislabeled","State")

Figure contains an object of type bubblecloud.

groupvar 引数を指定してバブルをグループに分割します。ここでは、グループを "Manufacturing Plant" という変数に含めています。

bubblecloud(tbl,"Mislabeled","State","Manufacturing Plant")

Figure contains an object of type bubblecloud.

好きなアイス クリームの味の調査から得られた数を使用して、n をバブル サイズのベクトルとして定義します。flavs を味の名前を含む string ベクトルとして定義します。次に、好きなアイス クリームの味の分布を示すバブル クラウドを作成します。

n = [58 115 81 252 200 224 70 120 140];
flavs = ["Rum" "Pumpkin" "Mint" "Vanilla" "Chocolate" ...
    "Strawberry" "Twist" "Coffee" "Cookie"];
bubblecloud(n,flavs)

Figure contains an object of type bubblecloud.

ages をそれぞれの味を好きな年齢グループを含む categorical ベクトルとして定義します。関数 reordercats を呼び出してカテゴリの順序を指定します。次に、年齢別にグループ化されたバブルで新しいバブル クラウドを作成し、BubbleCloud オブジェクトを b として返します。グループ データを指定すると、チャートに既定で凡例が表示されます。bLegendTitle プロパティを設定して凡例にタイトルを追加します。

ages = categorical(["40-90+" "5-15" "16-39" "40-90+" ...
   "5-15" "16-39" "5-15" "16-39" "40-90+"]);
ages = reordercats(ages,["5-15" "16-39" "40-90+"] );
b = bubblecloud(n,flavs,ages);
b.LegendTitle = 'Age Range';

Figure contains an object of type bubblecloud.

patients データ セットを読み込み、20 人の患者の体重の測定値と対応する自己申告の健康状態の値 ('poor''fair''good'、または 'excellent') からバブル クラウドを作成します。名前と値の引数 FaceColor を指定してバブルの色をカスタマイズします。BubbleCloud オブジェクトを b として返すため、後でオブジェクトのプロパティを設定できます。

load patients
b = bubblecloud(Weight(1:20),SelfAssessedHealthStatus(1:20), ...
    'FaceColor',[0.3 0.6 0.4]);

Figure contains an object of type bubblecloud.

患者が喫煙者かどうかに応じてバブルをグループ化します。データをグループ化すると、Figure に自動的に凡例が表示されます。凡例のタイトルを指定します。次に、バブル ラベルの可視性を維持するために、Figure のサイズを大きくし、フォント サイズを 9 ポイントに設定します。

b.GroupData = Smoker(1:20);
b.LegendTitle = "Smoker";
f = gcf;
f.Position([3 4]) = [655 395];
b.FontSize = 9;

Figure contains an object of type bubblecloud.

グループを異なる色で可視化するには、FaceColor プロパティの設定を既定値の 'flat' に戻します。それらと同じ色をバブルのエッジに使用するには、EdgeColor プロパティを 'flat' に設定します。

b.FaceColor = 'flat';
b.EdgeColor = 'flat';

Figure contains an object of type bubblecloud.

グループの色をカスタマイズするには、ColorOrder プロパティを新しい色の RGB 3 成分を含む行列に設定します。

b.ColorOrder = [0.3 0.6 0.4; 0.4 0.3 0.6];

Figure contains an object of type bubblecloud.

あるいは、BubbleCloud オブジェクトを関数 colororder に渡してこのプロパティを設定できます。この関数を使用すると、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、または事前定義された色名で色を指定できます。たとえば、2 つの色の 16 進数カラー コードを指定します。

colororder(b,["#E6CC1A"; "#4D9966"])

Figure contains an object of type bubblecloud.

c を categorical 配列として定義します。関数 histounts を使用して categorical データをビン化し、バブル サイズとラベルを返します。次に、バブル サイズとラベルを関数 bubblecloud に渡します。

c = categorical(["Pumpkin" "Princess" "Princess" "Princess" "Spooky Monster" ...
    "Spooky Monster" "Spooky Monster" "Spooky Monster" "Spooky Monster"]);
[sz,labels] = histcounts(c);
bubblecloud(sz,labels)

Figure contains an object of type bubblecloud.

入力引数

すべて折りたたむ

バブル データを含む table。table には、バブル サイズを指定する変数が少なくとも 1 つ必要です。バブル サイズには、非負の数値、NaN、および Inf の値を含めることができます。チャートには正のサイズのバブルのみが表示されます。ゼロ、NaN、および Inf の値は無視されます。

table には、次のデータを含む変数をオプションで含めることができます。

  • バブル ラベル — この変数は、文字ベクトルの cell 配列または string ベクトルを使用して作成します。

  • グループ化データ — この変数は、文字ベクトルの cell 配列、string ベクトル、categorical ベクトル、数値ベクトル、または logical ベクトルを使用して作成します。

グループ化データは、複数のクラウドを異なる色で表示するのに便利です。たとえば、メーカー別にグループ化された自動車のデータを表示できます。

バブル サイズの table 変数。次の値のいずれかとして指定します。

  • 変数名 — サイズ データを含む table 変数の名前の文字ベクトルまたは string スカラー。

  • 変数インデックス — サイズ データを含む table 変数のインデックス。インデックスを 1 から table 内の変数の数までの数値として指定します。

  • logical ベクトル — table 内の変数と同じ数の要素をもつ logical 値のベクトル。ベクトルに含まれる true 値は 1 つだけでなければなりません。

バブル ラベルの table 変数。次の値のいずれかとして指定します。

  • 変数名 — ラベルを含む table 変数の名前の文字ベクトルまたは string スカラー。

  • 変数インデックス — ラベルを含む table 変数のインデックス。インデックスを 1 から table 内の変数の数までの数値として指定します。

  • logical ベクトル — table 内の変数と同じ数の要素をもつ logical 値のベクトル。ベクトルに含まれる true 値は 1 つだけでなければなりません。

バブル グループの table 変数。次の値のいずれかとして指定します。

  • 変数名 — グループ化データを含む table 変数の名前の文字ベクトルまたは string スカラー。

  • 変数インデックス — グループ化データを含む table 変数のインデックス。インデックスを 1 から table 内の変数の数までの数値として指定します。

  • logical ベクトル — table 内の変数と同じ数の要素をもつ logical 値のベクトル。ベクトルに含まれる true 値は 1 つだけでなければなりません。

バブル グループを指定すると、bubblecloud はデータを異なる色の個別のバブル クラウドに分割し、凡例を表示します。色は ColorOrder プロパティから決定され、凡例のタイトルは table 内の groupvar 変数の名前になります。

バブル サイズ。非負の値を含む数値ベクトルとして指定します。ゼロ、NaN、および Inf の値は無視されます。たとえば、bubblecloud(1:10) は、サイズが 110 の 10 個のバブルを作成します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

バブル ラベル。文字ベクトルの cell 配列または string ベクトルとして指定します。cell 配列または string ベクトルの要素数は sz ベクトルの要素数と一致しなければなりません。たとえば、bubblecloud(1:3,["one" "two" "three"]) は、ラベルが "one""two"、および "three" の 3 つのバブルを作成します。

データ型: cell | string

バブル グループ。文字ベクトルの cell 配列、string ベクトル、categorical ベクトル、または logical ベクトルとして指定します。要素数は sz ベクトルの要素数と一致しなければなりません。たとえば、bubblecloud(1:3,["one" "two" "three"],["Group1" "Group2" "Group2"]) は、2 つのグループに分割された 3 つのバブルを作成します。

バブル グループを指定すると、bubblecloud はデータを異なる色の個別のバブル クラウドに分割し、タイトルなしで凡例を表示します。色は ColorOrder プロパティから決定されます。

データ型: cell | string | categorical | logical

親コンテナー。FigurePanelTabTiledChartLayout、または GridLayout オブジェクトとして指定します。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: bubblecloud(1:10,'FaceColor','red') は赤色のバブル クラウドを作成します。

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、BubbleCloud Properties を参照してください。

チャートのタイトル。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列または categorical 配列として指定します。複数行のタイトルを作成するには、文字ベクトルの cell 配列または string 配列を指定します。配列の各要素は、テキストの各行です。

あるいは、関数 title を呼び出してチャートにタイトルを追加できます。

bubblecloud(rand(1,20))
title("Random Bubbles")

凡例のタイトル。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、string 配列、または categorical 配列として指定します。複数行のタイトルを作成するには、文字ベクトルの cell 配列または string 配列を指定します。配列の各要素は、テキストの各行です。

データを table で指定する場合、既定ではグループを指定する変数の名前が凡例のタイトルになります。

バブルの塗りつぶし色。次の表の値として指定します。

FaceColor の値説明
'flat'

バブルの各グループに MATLAB® で異なる色を割り当てます。色はチャートの ColorOrder プロパティで定義されます。

RGB 3 成分または 16 進数カラー コード

バブルのすべてのグループに 1 つのカスタムの色を割り当てます。

  • RGB 3 成分 — 色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトル。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コード — ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラー。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

以下の 2 つの表に、いくつかの一般的な色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを示します。

色名または省略名

'red' のような色名や 'r' のような省略名を使用して、バブルのすべてのグループに 1 つの事前定義された色を割り当てます。

以下の表に、使用可能な色名と省略名を示します。

'none'

バブルのすべてのグループを色なしで表示します。

次の表に、使用可能な色名と省略名を対応する RGB 3 成分および 16 進数カラー コードと共に示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

バブルのエッジの色。次の表の値として指定します。

EdgeColor の値説明
'flat'

バブルの各グループに MATLAB で異なるエッジの色を割り当てます。色はチャートの ColorOrder プロパティで定義されます。

RGB 3 成分または 16 進数カラー コード

バブルのすべてのグループに 1 つのカスタムのエッジの色を割り当てます。

  • RGB 3 成分 — 色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトル。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コード — ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラー。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

以下の 2 つの表に、いくつかの一般的な色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを示します。

色名または省略名

'red' のような色名や 'r' のような省略名を使用して、バブルのすべてのグループに 1 つの事前定義されたエッジの色を割り当てます。

以下の表に、使用可能な色名と省略名を示します。

'none'

バブルのすべてのグループをエッジの色なしで表示します。

次の表に、使用可能な色名と省略名を対応する RGB 3 成分および 16 進数カラー コードと共に示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

出力引数

すべて折りたたむ

スタンドアロンの可視化である BubbleCloud オブジェクト。b を使用して、チャートの作成後にそのプロパティを設定します。

詳細

すべて折りたたむ

スタンドアロンの可視化

スタンドアロンの可視化は、他のチャートから独立して機能する特別な目的のために設計されたチャートです。plot および surf のような他のチャートとは異なり、スタンドアロンの可視化には事前構成済みの axes オブジェクトが組み込まれています。一部のカスタマイズは使用できません。スタンドアロンの可視化には次のような特徴もあります。

  • ライン、パッチ、または表面といった他のグラフィックス要素と組み合わせることはできません。したがって、hold コマンドはサポートされません。

  • 関数 gca はチャート オブジェクトを現在の座標軸として返すことができます。

  • axes オブジェクトを入力引数として受け入れる多くの MATLAB 関数にチャート オブジェクトを渡すことができます。たとえば、チャート オブジェクトを関数 title に渡すことができます。

バージョン履歴

R2021a で導入