ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB のオートメーション サーバーとしての登録

MATLAB を登録するタイミング

MATLAB® をオートメーション サーバーとして使用するには、まずアプリケーションを Windows® レジストリに登録しなければなりません。これは、MATLAB の新しいバージョンをインストールする際に行います。システム上に MATLAB の複数のバージョンがインストールされている場合、1 つのバージョンのみが登録されます。既定では、このバージョンは最後にインストールしたバージョンとなります。このバージョンは、手動でレジストリを変更するか新しいバージョンをインストールするまで、登録されたままとなります。

MATLAB を手動で登録するには、これらのオプションのいずれかを選択します。

Windows レジストリを変更するには管理者権限が必要です。ユーザー アカウント制御 (UAC) 設定によっては、Windows コマンド プロセッサまたは MATLAB アイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選択する必要があります。このオプションが利用できない場合、システム管理者にお問い合わせください。

MATLAB は、レジストリを更新できない場合にも新しいコマンド ウィンドウを最小化して表示します。このウィンドウを開き、MATLAB を終了します。

システム プロンプトからの登録

Windows システム プロンプトから MATLAB をオートメーション サーバーとして登録する場合、まず必要に応じて [管理者として実行] オプションを使用し、Windows コマンド プロセッサを開きます。

使用する MATLAB バージョンの実行可能ファイルが格納されているフォルダーに移動します。

cd matlabroot\bin\arch
このフォルダーを使用しない場合、matlab コマンドはシステム パス上にある MATLAB の最初のインスタンスを起動します。

matlab -regserver
MATLAB に最小化されたコマンド ウィンドウが表示されます。このウィンドウを開き、MATLAB を終了します。

MATLAB コマンド プロンプトからの登録

MATLAB 内部から MATLAB をオートメーション サーバーとして登録する場合、まず必要に応じて [管理者として実行] オプションを使用し、MATLAB を起動します。このコマンドを実行するために MATLAB を開くため、登録する MATLAB のバージョンがわかります。

regmatlabserver

MATLAB は最小化されたコマンド ウィンドウを開きます。このウィンドウを開き、MATLAB を終了します。

参考

関連するトピック