Main Content

C++ コンパイル済みライブラリに対する Windows インターフェイスでの関数呼び出し

インターフェイスおよびライブラリ フォルダーへの MATLAB パスの設定

matrixOperations インターフェイスをWindows でのヘッダー ファイルおよびコンパイル済みライブラリ ファイルの例で作成した場合は、次の例でそれを使用できます。matrixOperations.dll インターフェイス ファイルの作成に使用したフォルダーに移動します。

MATLAB® インターフェイス ファイルがあるフォルダーにコンパイル済みライブラリ ファイルを配置します。選択したコンパイラに基づいて、次のいずれかのステートメントのコメントを解除して実行します。

%copyfile(fullfile(productPath,"win64","mingw64","*.dll"),".","f")
%copyfile(fullfile(productPath,"win64","microsoft","*.dll"),".","f")

インターフェイス ファイルを含むフォルダーで addpath を呼び出します。

ヘルプの表示

MATLAB コマンド プロンプトで、インターフェイスのヘルプを表示します。この例では、clibgen.generateLibraryDefinition コマンドによって matrixOperations へのインターフェイスの名前が matrixlib に変更されています。次のコマンドを入力してパッケージを読み込みます。

doc clib.matrixlib.Mat

パッケージのメンバーを表示するには、次のように入力します。

doc clib.matrixlib
Classes contained in clib.matrixlib:
Mat             - clib.matrixlib.Mat    Representation of C++ class Mat

Functions contained in clib.matrixlib:
addMat          - clib.matrixlib.addMat    Representation of C++ function addMat
updateMatByX    - clib.matrixlib.updateMatByX    Representation of C++ function updateMatByX
updateMatBySize - clib.matrixlib.updateMatBySize    Representation of C++ function updateMatBySize

パッケージ関数のシグネチャを表示するには、addMatupdateMatByX、および updateMatBySize のリンクをクリックします。

clib.matrixlib.addMat    Representation of C++ function addMat
  inputs
    mat            read-only clib.matrixlib.Mat
  outputs
    RetVal         int32

clib.matrixlib.updateMatByX    Representation of C++ function updateMatByX
  inputs
    mat            clib.matrixlib.Mat
    X              int32
  outputs

clib.matrixlib.updateMatBySize    Representation of C++ function updateMatBySize
  inputs
    mat            clib.matrixlib.Mat
    arr            int32
  outputs

クラス clib.matrixlib.Mat についての情報を表示するには、Mat のリンクをクリックします。

clib.matrixlib.Mat    Representation of C++ class Mat
Method Summary:
  Mat                 - clib.matrixlib.Mat    Constructor of C++ class Mat
  Mat                 - clib.matrixlib.Mat    Constructor of C++ class Mat
  setMat              - clib.matrixlib.Mat.setMat    Method of C++ class Mat
  getMat              - clib.matrixlib.Mat.getMat    Method of C++ class Mat
  getLength           - clib.matrixlib.Mat.getLength    Method of C++ class Mat
  copyMat             - clib.matrixlib.Mat.copyMat    Method of C++ class Mat

コンストラクターとメソッドのシグネチャを表示するには、関数 methods または関数 methodsview を使用します。たとえば、次のように入力します。

methodsview clib.matrixlib.Mat

ライブラリ関数の呼び出し

インターフェイスで関数をテストします。たとえば、次のように入力します。

matObj = clib.matrixlib.Mat;   % Create a Mat object
intArr = [1,2,3,4,5];
matObj.setMat(intArr);     % Set the values to intArr
retMat = matObj.getMat(5)  % Display the values
retMat =

  1×5 int32 row vector

   1   2   3   4   5

関連するトピック