ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デスクトップの基礎

MATLAB® を起動すると、既定のレイアウトでデスクトップが表示されます。

デスクトップには以下のパネルが表示されます。

  • [現在のフォルダー] — 使用するファイルにアクセスします。

  • [コマンド ウィンドウ] — プロンプト (>>) が指示するコマンド ラインにコマンドを入力します。

  • [ワークスペース] — 作成したデータやファイルからインポートしたデータを探索します。

MATLAB の作業では、変数の作成や関数の呼び出しを行うコマンドを実行します。たとえば、次のステートメントをコマンド ラインに入力して a という名前の変数を作成します。

a = 1

MATLAB によって変数 a がワークスペースに追加され、コマンド ウィンドウに結果が表示されます。

a = 

     1

さらに変数をいくつか作成します。

b = 2
b = 

     2
c = a + b
c = 

     3
d = cos(a)
d = 

    0.5403

出力変数が設定されていなければ、MATLAB は変数 ans (answer の省略形) を使って計算結果を保存します。

sin(a)
ans =

    0.8415

ステートメントの最後にセミコロンを付けると、MATLAB は計算を実行しますが、コマンド ウィンドウへの出力表示は行いません。

e = a*b;

上方向キー (↑) や下方向キー (↓) を押すと、以前のコマンドが再度呼び出せます。空のコマンド ライン上またはコマンドの最初の数文字の入力後に方向キーを押します。たとえば、コマンド b = 2 を呼び出すには、b と入力してから上方向キーを押します。

参考

この情報は役に立ちましたか?