Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキストとパーセント値をもつ円グラフのラベル付け

円グラフの作成では、MATLAB によって個々の扇形部分に、その扇形部分が全体に対して占めるパーセントを表すラベルが付けられます。ラベルを変更して別のテキストを表示することもできます。

単純なテキスト ラベル

単純なテキスト ラベルを含む円グラフを作成します。

x = [1,2,3];
pie(x,{'Item A','Item B','Item C'})

パーセントとテキストをもつラベル

円グラフを作成し、各扇形部分に、カスタム テキストと事前計算済みのパーセント値を含むラベルを使用します。

円グラフを作成し、出力引数 p を指定して、関数 pie によって作成される text オブジェクトと patch オブジェクトを含めます。個々の扇形部分について、関数 pie は text オブジェクトと patch オブジェクトを 1 つずつ作成します。

x = [1,2,3];
p = pie(x);

text オブジェクトの String プロパティから、個々の扇形部分の占めるパーセント値を取得します。次に、cell 配列 txt に必要なテキストを指定します。そのテキストと、関連するパーセント値を cell 配列 combinedtxt 内で連結します。

pText = findobj(p,'Type','text');
percentValues = get(pText,'String'); 
txt = {'Item A: ';'Item B: ';'Item C: '}; 
combinedtxt = strcat(txt,percentValues); 

text オブジェクトの String プロパティを combinedtxt に設定して、ラベルを変更します。

pText(1).String = combinedtxt(1);
pText(2).String = combinedtxt(2);
pText(3).String = combinedtxt(3);

参考

| |

関連するトピック