Main Content

startworker

MATLAB ワーカー セッションの起動

構文

startworker
startworker -flags

説明

startworker は、mjs サービスの下で MATLAB® ワーカー プロセスを開始します。その後、mjs サービスはこのプロセスを保守します。ワーカーは指定されたジョブ マネージャーに登録され、そこから評価するタスクを取得します。mjs サービスは、指定されたコンピューター上で既に稼働していなければなりません。

startworker 実行可能ファイルは、フォルダー matlabroot\toolbox\parallel\bin (Windows® オペレーティング システム) または matlabroot/toolbox/parallel/bin (UNIX® オペレーティング システム) にあります。次のコマンド構文を DOS または UNIX コマンド ライン プロンプトで入力します。

startworker -flags は、次の入力フラグが利用できます。特に言及がなければ、複数のフラグを同一コマンド上で一緒に使用できます。

フラグ操作
-name <worker_name>MATLAB ワーカーの名前を指定します。既定値は、mjs_def ファイルにある DEFAULT_WORKER_NAME パラメーターの値です。
-remotehost <hostname>MATLAB ワーカーを起動するコンピューターの名前を指定します。省略すると、ワーカーはローカル コンピューターで起動されます。
-jobmanager <job_manager_name>この MATLAB ワーカーがタスクを受け取るジョブ マネージャーの名前を指定します。既定値は、mjs_def ファイルにある DEFAULT_JOB_MANAGER_NAME パラメーターの値です。
-jobmanagerhost <job_manager_hostname>

ジョブ マネージャーが実行されているホストを指定します。ワーカーはそのホスト上のジョブ マネージャー ルックアップ プロセスに問い合わせて、ジョブ マネージャーへの登録を行います。

これは、ワーカー コンピューター上の mjs_def ファイルにある JOB_MANAGER_HOST の設定をオーバーライドします。これらのいずれかの方法で、ジョブ マネージャー ホストを指定しなければなりません。

-clean起動する前に、このワーカー名に関連付けられているすべてのチェックポイント情報を削除します。
-num <num_workers>

起動するワーカーの数を指定します。既定値は 1 です。複数のワーカーを起動する場合、ワーカー名には '_1'、'_2' などが付加されます。

-baseport <port_number>リモート ホスト上の mjs サービスが使用しているベース ポートを指定します。ローカルの mjs_def ファイルにある BASE_PORT の値がリモート ホスト上の mjs サービスで使用されているベース ポートと一致しない場合にのみ、これを指定する必要があります。
-v詳細モードでは、コマンド実行の進捗が表示されます。

既定のワーカー名を使用し、ローカル ホスト上でワーカーを起動し、ホスト JMHost 上のジョブ マネージャー MyJobManager への登録を行います。

startworker -jobmanager MyJobManager -jobmanagerhost JMHost

既定のワーカー名を使用し、ホスト WorkerHost でワーカーを起動して、JMHost 上のジョブ マネージャー MyJobManager への登録を行います (以下のコマンドを 1 行で入力します)。

startworker -jobmanager MyJobManager -jobmanagerhost JMHost 
               -remotehost WorkerHost

worker_1worker_2 という名前の 2 つのワーカーをホスト WorkerHost で起動して、ホスト JMHost 上で稼動するジョブ マネージャー MyJobManager への登録を行います。(以下のコマンドを 1 行で入力します)。

startworker -num 2 -name worker -remotehost WorkerHost 
               -jobmanager MyJobManager -jobmanagerhost JMHost