Main Content

リソースの設定

ホストの追加

Admin Center にリストするホストは、「ようこそ」ダイアログ ボックスで [追加または検索] をクリックするか、新しいセッションでない場合は Hosts モジュールで [追加または検索] をクリックして指定します。

[ホストの追加または検索] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの方法でリストに追加するホストを特定します。

  • [Enter Hostnames] を選択して、対象ホストの短いホスト名、完全修飾ドメイン名またはそれぞれの IP アドレスを入力します。

  • [IP 範囲を入力] を選択してホストの IP アドレスの範囲を入力します。

指定したホストのいずれかが MATLAB® ジョブ スケジューラを実行している場合、Admin Center はその MATLAB ジョブ スケジューラに登録されたワーカーを実行しているすべてのホストを自動的に検出してリストします。同様に、ワーカーを実行しているホストを指定すると、Admin Center はそのワーカーの MATLAB ジョブ スケジューラを実行しているホストを検出してリストし、さらにその MATLAB ジョブ スケジューラの下で他のワーカーを実行しているホストもすべて検出してリストします。

mjs サービスの開始

MATLAB ジョブ スケジューラまたはワーカーをホストで実行する場合、そのホストでは mjs サービスが実行されていなければなりません。MATLAB ジョブ スケジューラおよびネットワーク ライセンス マネージャー向けの MATLAB Parallel Server のインストールと構成のインストール手順で説明されているように、通常は、クラスターへの MATLAB Parallel Server™ のインストール時に、Admin Center またはコマンド ライン スクリプトでこれを設定します。

クラスターにホストの追加または削除を行う場合、Admin Center からそれらのホスト上での mjs サービスの開始および停止ができます。同じプラットフォームをもつ一群のホスト上で mjs サービスを開始するには、[ホスト] モジュールでそれらすべてのホストを選択し、パネルの左の列の [MJS サービスの開始] をクリックします。

mjs を開始する別の方法として、プルダウン メニューで [ホスト][MJS サービスの開始] を選択するか、リストされているホストを右クリックして [MJS サービスの開始] を選択することもできます。

ダイアログ ボックスの指示に従い、選択したホスト上で mjs サービスを開始する手順を進めます。サービスの情報の入力または確認は 5 つの手順で行います。

  1. リモート プラットフォームの指定 — Windows または UNIX。mjs は複数のホストで同時に開始できますが、プラットフォームはすべて同じでなければなりません。混合プラットフォーム クラスターがある場合は、プラットフォームのタイプごとに mjs の開始を実行します。

  2. リモート通信の指定 — ホストとの通信用プロトコルを選択します。

  3. 場所の指定 — MATLAB のインストール場所およびホストの mjs_def ファイルを指定します。

  4. 開始する前の確認 — 処理を進める前に情報を確認します。

  5. 概要 — 実施する起動についてのステータスを示します。

最初の手順のダイアログ ボックスは次のようになります。

それぞれの手順で [ヘルプ] をクリックすると、その手順についての詳細情報を確認できます。

MATLAB ジョブ スケジューラの起動

MATLAB ジョブ スケジューラを起動するには、[MATLAB ジョブ スケジューラ] モジュールで [開始] をクリックします。

[新しい MATLAB ジョブ スケジューラ] ダイアログ ボックスで、MATLAB ジョブ スケジューラの名前を入力し、これを実行するホストを選択します。

MATLAB ジョブ スケジューラを起動する別の方法として、プルダウン メニューで [スケジューラ][開始] を選択するか、リストされているホストを右クリックして [スケジューラの起動] を選択することもできます。

クラスター上で MATLAB ジョブ スケジューラが実行されている場合、Admin Center は次の図のようになります。[MATLAB ジョブ スケジューラ] モジュールのリストにその MATLAB ジョブ スケジューラが表示され、[ホスト] モジュールのリストにも、それが実行されているホストの行に名前が表示されています。

ワーカーの起動

MATLAB ワーカーを起動するには、Workers モジュールで [開始] をクリックします。

[ワーカーの起動] ダイアログ ボックスで、それぞれのホストで起動するワーカーの数を指定し、これらを実行するホストを選択します。リストからこれらのワーカーの MATLAB ジョブ スケジューラを選択します。[OK] をクリックしてワーカーを起動します。Admin Center は、ワーカーを実行しているホストに基づいて、そのワーカーの名前を自動的に指定します。

ワーカーを起動する別の方法として、プルダウン メニューで [ワーカー][開始] を選択するか、リストされているホストまたは MATLAB ジョブ スケジューラを右クリックして [ワーカーの起動] を選択することもできます。

クラスターでワーカーが実行されている場合、Admin Center は次の図のようになります。Workers モジュールの一覧にそのワーカーが表示されます。また、[MATLAB ジョブ スケジューラ] モジュールのリストにはその MATLAB ジョブ スケジューラの下で実行されているワーカー数が表示され、[ホスト] モジュールのリストにはそれぞれの MATLAB ジョブ スケジューラのワーカー数が表示されます。

Admin Center にリストされているホスト、MATLAB ジョブ スケジューラまたはワーカーの詳細情報を取得するには、表示されている名前を右クリックして [プロパティ] を選択します。また、[プロパティ] オプションは、[ホスト][スケジューラ] および [ワーカー] のそれぞれのドロップダウン メニューにもあります。

プロセスの停止、破棄、再開、再起動

mjs サービス、MATLAB ジョブ スケジューラおよびワーカーについて、[停止] または [破棄] を実行できます。主な違いは、停止するとプロセスはシャットダウンされますがデータは残り、破棄するとプロセスはシャットダウンされそのデータも消去されるという点です。既存のデータで mjs を続行するには、[MJS サービスの開始] を使用します。MATLAB ジョブ スケジューラまたはワーカーをその既存のデータで続行するには、[再開] を使用します。[再起動] を使用すると、ダイアログ ボックスにより、新しいプロセスを開始する際にデータを保持するか破棄するかの確認を求められます。

ワーカーの移動

ワーカーをホスト間で移動させるには、そのワーカーを完全にシャットダウンしてから、目的のホストで新しいワーカーを起動しなければなりません。

  1. Workers モジュール リストでワーカーを右クリックします。

  2. [破棄] を選択します。これにより、ワーカー プロセスがシャットダウンされ、そのすべてのデータが削除されます。

  3. 古いワーカー ホストが他の MATLAB Parallel Server プロセス (mjs サービス、MATLAB ジョブ スケジューラまたはワーカー) を実行していない場合、Admin Center のリストから削除できます。

  4. 必要に応じて、新しいホストを Admin Center のホストの一覧に追加します。

  5. Workers モジュールで [開始] をクリックします。[ワーカーの起動] ダイアログ ボックスで、目的のホスト、適切な数および MATLAB ジョブ スケジューラ名を選択します。

MATLAB ジョブ スケジューラをホスト間で移動する場合も同様に処理します。ただし、その MATLAB ジョブ スケジューラに登録されているワーカーはこれをすべて破棄し、改めて起動して、MATLAB ジョブ スケジューラの新しいインスタンスに登録しなければなりません。

表示の更新

Admin Center は、データを一定の間隔で自動的に更新します。更新頻度は、[更新] リストからオプションを選択して設定します。[今すぐ更新] をクリックすると、表示データは即座に更新されます。

関連するトピック