Main Content

接続性のテスト

Admin Center では、MATLAB® ジョブ スケジューラ ノード、ワーカー ノードおよび Admin Center が稼動しているノードの間の通信をテストできます。

テストは次の 4 つのカテゴリに分類されます。

  • クライアント — 詳細なクラスター テストを行うことができるように、Admin Center を実行しているノードが正しく構成されているかを検証します。

  • クライアントからノード — Admin Center を実行しているノードが、クラスター内の他のノードを識別し、それらのノードと通信できるかを検証します。

  • ノードからノード — クラスター内のその他のノード間で相互を識別し、各ノードがその mjs サービスを他のクラスター ノード上の mjs サービスと通信可能にしているかを検証します。

  • ノードからクライアント — Admin Center を実行しているノードを他のクラスター ノードが識別し、そのノードと通信できるかを検証します。

まず [接続のテスト] をクリックして [接続テスト] ダイアログ ボックスを開きます。既定では、ダイアログ ボックスに前回のテスト結果が表示されます。新しいテストを実行して表示を更新するには、[実行] をクリックします。

テストの実行中、Admin Center はこの進捗ダイアログ ボックスを表示されます。

テストが完了すると、[テストを実行中] ダイアログ ボックスは自動的に閉じ、Admin Center は [接続テスト] ダイアログ ボックスにテスト結果を表示します。

テスト結果で表示されるシンボルの説明は次の表のとおりです。

テスト結果説明

テストをパスしました。

テストをパスしました。追加の情報があります。

テストはパスしましたが、警告が生成されました。

テストに失敗しました。

テストはスキップされました。先行するテストをパスしていない可能性があります。

失敗やその他の結果を伴うテストの場合は、次の図のような表示になります。

テスト結果のシンボルをダブルクリックすると、詳細が表示されます。テストの生データを確認するには、[ログ] タブを使用します。

ダイアログ ボックスの左下隅には、クライアントのみで実行されたテストの結果が表示されます。クライアントのみのテスト結果を調べるには、[詳細] をクリックします。

関連するトピック