Main Content

Admin Center の起動

Admin Center は、MATLAB® ジョブ スケジューラ クラスターの MATLAB Parallel Server™ プロセスの制御および監視が可能なグラフィカル ユーザー インターフェイスです。Admin Center は一般的なジョブ スケジューラ (CJS) クラスターやサードパーティ製スケジューラはサポートしません。

次を実行して MATLAB セッションとは別に、Admin Center を起動します。

  • matlabroot/toolbox/parallel/bin/admincenter (UNIX® オペレーティング システム)

  • matlabroot\toolbox\parallel\bin\admincenter.bat (Microsoft® Windows® オペレーティング システム)

Admin Center をはじめて起動すると、次の「ようこそ」ダイアログ ボックスが表示されます。

Admin Center の新しいセッションにはクラスター ホストがリストされていないため、通常、最初の手順として、リストに含めるホストを特定することになります。これを行うには、[追加または検索] をクリックします。詳細は次の節のリソースの設定で説明します。

同じホストで再度 Admin Center を起動すると、そのマシンでの前のセッションが読み込まれます。更新頻度が [Never] に設定されていない限り、Admin Center はリストされているホストおよびプロセスを即座に更新します。この情報をクリアして新しいセッションを開始するには、プルダウン メニューから [ファイル][新規セッション] を選択します。

関連するトピック