Main Content

クライアント マシンへの製品のインストール

メモ

このセクションは、ライセンス管理者のみを対象にしています。

MATLAB® をユーザー (クライアント) のコンピューターにインストールするには、MathWorks® 製品をインストールするときに使用するライセンスの管理者でなければなりません。MathWorks アカウントが必要です。また、ライセンスがそのアカウントにリンクされていなければなりません。

自分が 1 つ以上のネットワーク ライセンスの管理者であるかどうかを調べるには、以下の手順に従います。

  1. MathWorks アカウントにサインインします。

  2. 表示されたリストからライセンスを選択します。

  3. [管理者へのお問い合わせ] をクリックします。

  4. 自分の名前がそこに表示されていれば、そのライセンスの管理者の 1 人です。自分の名前が表示されておらず、追加を依頼する場合は、リストに名前があるいずれかの人に連絡します。

MathWorks アカウントやライセンスへのアクセス権をもたないスタッフがインストールを行う場合は、オフライン インストールのワークフローに従うように指示します (下の表を参照)。

ネットワーク ライセンスでユーザーが自分でソフトウェアをインストールする場合は、エンド ユーザーによる製品のインストールを参照してください。

始める前に

ネットワーク ライセンス マネージャーのインストール

組織内でインディビジュアル ライセンス、コンピューター指定ライセンス、ネットワーク ライセンスを組み合わせて使用できます。ネットワーク ライセンスを使用してクライアント マシンに MATLAB をインストールする場合は、その前にネットワーク ライセンス マネージャーをインストールしなければなりません。これにより、インストール時にクライアント コンピューターがライセンス サーバーに正常にアクセスしていることを確認できるため、MATLAB のインストールを簡単に検証できます。

ネットワーク ライセンス マネージャーのインストールに関する詳細と手順については、ネットワーク ライセンスの管理を参照してください。

ネットワーク ライセンスの取得

ユーザーのマシン (またはネットワーク共有) に MathWorks 製品をインストールする前に、構成済みのネットワーク ライセンス (license.dat) のコピーをその場所に配置する必要があります。このネットワーク ライセンス ファイルは、組織のネットワーク ライセンス マネージャーのインストール時に処理されました。つまり、使用しているネットワーク ライセンス サーバーについて正しい SERVER 行が含まれています。詳細については、ライセンスの処理を参照してください。

メモ

ライセンスの電子メールで受信したオリジナルのライセンス ファイルを使用しないでください。また、MathWorks から受信したライセンス電子メールをユーザーに転送しないでください。

ファイル インストール キーはライセンス センターから入手できます。また、ネットワーク ライセンス ファイル (license.dat) のコピーは、ネットワーク ライセンス マネージャーをホストしているサーバーから入手できます。ユーザーの MATLAB をライセンス マネージャーにポイントするために、構成済みのライセンスが必要です。

インストール手順の選択

次の表を参考にして、MATLAB の適切なインストール手順を選択します。

インストールのタイプ手順

オンライン (インターネット接続あり)

ネットワーク ライセンスのコピーを、ユーザーのマシンに配置します (上記を参照)。

このオプションを選択した場合、MATLAB および Simulink 製品のインストールに記載されたオンライン インストールの手順に従うことができますが、次の違いがあります。

オンライン インストール中にプロンプトが表示されたら、アカウントにリンクされたネットワーク ライセンスを指定します。インストーラーはこれをネットワーク ライセンスとして認識し、ライセンス ファイルの指定を求めるプロンプトを表示します。ライセンス ファイルへのパスを入力し、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

オフライン

インストールを後で行う場合の製品のダウンロードオフラインのコンピューターへの MathWorks 製品のインストールの手順に従います。プロンプトが表示されたら、必ずネットワーク ライセンスを選択します。

このワークフローは、MathWorks アカウントのないスタッフがユーザーのためにソフトウェアをインストールする場合に適しています。

サイレント モードでインストールする。

各ダイアログ ボックスで必要な情報を入力してインストールを対話的に実行する代わりに、インストーラーを非対話的に実行することができる。このモードでは、すべての必要な情報をプロパティ ファイルに入力する。

サイレント インストールを使用した複数のコンピューターへの MATLAB のインストール

複数のリリース

同じマシンに複数のリリースをインストールできます。たとえば、R2022a と R2022b の両方、または R2022b と R2023a のプレリリースをマシンにインストールできます。

関連するトピック