最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imsplit

マルチチャネル イメージの個々のチャネルへの分割

説明

[c1,c2,c3,...,ck] = imsplit(I) は k チャネル イメージ I の個々のチャネルを表す一連の k 個のイメージを返します。

すべて折りたたむ

RGB イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('peppers.png');
imshow(I)

イメージを赤、緑、青の成分チャネルに分割します。

[r,g,b] = imsplit(I);

3 つのカラー チャネルをモンタージュとして表示します。赤ピーマンは主に赤チャネルに信号があります。黄色と緑のピーマンは、赤チャネルと緑チャネルの両方に信号があります。前景のニンニクなどの白いオブジェクトは、3 つのチャネルすべてに強い信号があります。

montage({r,g,b},'Size',[1 3])

RGB イメージをワークスペースに読み取って表示します。

rgbImage = imread('peppers.png');
imshow(rgbImage)

関数 rgb2hsv を使用して、RGB イメージを HSV 色空間に変換します。

hsvImage = rgb2hsv(rgbImage);

HSV イメージを色相、彩度、明度の成分チャネルに分割します。

[h,s,v] = imsplit(hsvImage);

3 つのチャネルをモンタージュとして表示します。

montage({h,s,v},'Size',[1 3])

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。m x n x k の数値配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

出力引数

すべて折りたたむ

出力イメージ。k 個の数値配列として返されます。ここで、k は入力イメージのチャネル数です。出力イメージは、入力イメージと同じクラスになります。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2018b で導入