Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

removeNewPositionCallback

ROI オブジェクトから新しい位置のコールバックを削除する

関数 removeNewPositionCallback は推奨されません。代わりに、新しい ROI でオブジェクト関数 addlistener を使用してください。詳細については、互換性の考慮事項を参照してください。

説明

removeNewPositionCallback(h,id) は ROI オブジェクト h の新しい位置のコールバック リストから対応する関数を除去します。

新しい位置のコールバックの追加と削除

ライン ROI オブジェクトを作成します。タイトルにラインの位置を表示します。addNewPositionCallback を使用して、ラインを移動するたびにタイトルを更新します。

imshow('pout.tif')
h = imline(gca,[10 100],[100 100]);
id = addNewPositionCallback(h,@(pos) title(mat2str(pos,3)));

ラインを移動して、コールバックの動作を確認します。

コールバック動作を確認した後、コールバックを削除します。タイトルはラインを移動しても変わらなくなります。

removeNewPositionCallback(h,id);

入力引数

すべて折りたたむ

ROI オブジェクト。imellipseimlineimpointimpoly または imrect オブジェクトとして指定します。

新しい位置コールバック関数の識別子。struct として指定します。

互換性の考慮事項

すべて展開する

R2018b 以降は非推奨

R2008a で導入