ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

色のしきい値

カラー イメージのしきい値処理

説明

Color Thresholder アプリでは、さまざまな色空間に基づいてカラー イメージの色成分を操作してカラー イメージをしきい値処理できます。このアプリを使用して、カラー イメージのセグメンテーション マスクを作成できます。

色のしきい値 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [色のしきい値] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: colorThresholder と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

colorThresholder は、色のしきい値アプリを開きます。このアプリでは、さまざまな色空間で試行しながらカラー イメージのセグメンテーション マスクを作成することができます。

colorThresholder(RGB) は、色のしきい値アプリを開き、イメージ RGB を読み込みます。

colorThresholder close は、色のしきい値アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

R2014a で導入