Main Content

write

(非推奨) 新しいファイルへの bigimage オブジェクトの内容の書き込み

bigimage オブジェクトの関数 write は推奨されません。代わりに、blockedImage オブジェクトに関連付けられた関数 write を使用してください。詳細については、互換性の考慮事項を参照してください。

説明

write(bigimg,filename) は、大きなイメージ bigimg の書式化されたバージョンを filename という名前の TIFF ファイルに書き込みます。この構文は、大きなイメージの空間参照情報を保持しません。

write(bigimg,filename,'TIFFCompression',compression) は、大きなイメージ bigimg の書式化されたバージョンを filename という名前の TIFF ファイルに書き込むための圧縮方式も指定します。この構文は、大きなイメージの空間参照情報を保持しません。

write(bigimg,dirname) は、大きなイメージ bigimg の書式化されたバージョンを dirname という名前のディレクトリに書き込みます。この構文は、大きなイメージの空間参照情報を保持します。

write(___,Name,Value) は、名前と値のペアの引数を使用して、categorical データを書き込む場合の追加オプションを指定します。

すべて折りたたむ

CAMELYON16 データセットのイメージ "tumor_091.tif" の変更したバージョンを使用して bigimage を作成します。元のイメージは、腫瘍組織が含まれるリンパ節の学習イメージです。元のイメージには 8 つの解像度レベルがあり、最も細かいレベルの解像度は 53760 x 61440 です。変更したイメージには、3 つの粗い解像度レベルのみが含まれています。変更したイメージの空間参照は、縦横比が一定に維持され、各レベルで特徴がレジストレーションされるように調整されています。

bim = bigimage('tumor_091R.tif');

最も粗い解像度レベル 3 のマスク イメージを作成します。マスクは、グレースケール値が 100 未満のピクセルの場合に 1 (true) になります。

mask = apply(bim,3,@(im)rgb2gray(im)<100);

'maskDir' という名前のディレクトリにマスク イメージを書き込みます。ディレクトリは事前に存在していてはなりません。マスク イメージを書き込む前に、ディレクトリが既に存在するかどうかをチェックし、存在する場合は削除します。

imageDir = 'maskDir';
if exist(imageDir,'dir')
    rmdir maskDir s;
end
write(mask,imageDir);

マスク ディレクトリ内のデータから新しい bigimage を作成して、ワークスペースにマスク イメージを再度読み込みます。マスクの空間参照情報は保持されます。

mask1 = bigimage('maskDir');

元のイメージとマスク イメージを表示します。空間参照は元のイメージ bim と一致します。

figure
bigimageshow(bim);
figure
bigimageshow(mask1);

入力引数

すべて折りたたむ

大きなイメージ。bigimage オブジェクトとして指定します。

書き込まれる大きなイメージ データのファイル名。string または文字ベクトルとして指定します。サポートされているファイル拡張子は '.tif''.tiff' です。

データ型: string

書き込まれる大きなイメージ データのディレクトリ名。string または文字ベクトルとして指定します。

データ型: string

TIFF 圧縮方式。次のいずれかを指定します。

圧縮方式説明
"LZW"Lempel-Ziv-Welch 可逆圧縮
"PackBits"PackBits 可逆圧縮
"Deflate"Adobe DEFLATE 可逆圧縮
"JPEG"JPEG ベース非可逆圧縮
"None"圧縮しない

データ型: string

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して名前と値の各ペアを区切り、Name を引用符で囲みます。

例: write(bigimg,filename,'Classes',["sky" "vegetation" "building"],'PixelLabelIDs',[1 2 3]) は、3 つのクラスを使用して categorical の bigimage を書き込みます。

categorical データのクラス名。'Classes' と、string 配列または文字ベクトルの cell 配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定値は、大きなイメージ bigimgClasses プロパティの値です。

クラスに PixelLabelIDs のピクセル値が複数ある場合、write は最初のピクセル値を使用して、そのクラスのすべてのインスタンスに書き込みます。

データ型: char | string

ピクセル ラベルの値を categorical クラス名にマッピングするためのピクセル ラベル ID。'PixelLabelIDs' と次のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • d 要素の数値ベクトル (d はクラスの数)

  • データ型 uint8 の d 行 3 列の数値配列。各行には、各クラス名と関連付ける RGB ピクセル値を表す 3 要素ベクトルが含まれます。この形式は、ピクセル ラベル データが RGB イメージとして格納されている場合に使用します。

書き込まれるピクセルのデータ型は、PixelLabelIDs のデータ型と一致します。既定値は、大きなイメージ bigimgPixelLabelIDs プロパティの値です。

クラスに PixelLabelIDs のピクセル値が複数ある場合、write は最初のピクセル値を使用して、そのクラスのすべてのインスタンスに書き込みます。

'<undefined>' categorical クラスと PixelLabelIDs に存在しないピクセル値のピクセル ラベルの値。'UndefinedID' と、数値スカラーまたは 1 行 3 列の数値ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。この値には、PixelLabelIDs に含まれる値を指定しないでください。既定値は、大きなイメージ bigimgUndefinedID プロパティの値です。

バージョン履歴

R2019b で導入

すべて展開する